住宅メーカーの「見積もり」をチェックする際のポイント

家づくりの際に、見た目の豪華さや流行にとらわれ、住み心地を二の次にしてしまう人は少なくありません。本連載では、オーガニックで豊かな暮らしの家づくり推進協議会・会長で、明工建設株式会社の代表取締役・仁藤 衛氏の著書、『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)の中から一部を抜粋し、家づくりに潜む「7つの落とし穴」を明らかにし、それらを回避するためのポイントを解説します。

見積もりは「目に見えない部分」こそ重要

まず、みなさんが陥りやすい落とし穴の最初にお伝えしたいのは、見積もりをどのように読み取るかというお話です。

 

見積もりを見る場合、合計金額の安いか高いかではなく、目に見えない部分こそが重要であり、よく確認する必要があるということです。

 

私がお客さまからご相談を受けたとき、正直な話、

「予算はいくらまでですか?」

と単刀直入に聞いてしまいます。

 

極端な話ですが、安さ勝負であれば、建築基準法ギリギリで、とにかく安い建材を使って建てることも可能です。コスト削減のノウハウはどこも持っていると思います。

 

「でも、それで良いのですか?」ということです。

 

たとえば、同じ建坪の見積もりで、2000万円の家と2500万円の家があったとします。その金額の差が、大手のハウスメーカーということで、さまざまな経費が乗っかっているので、500万円ほど高くなっているという理由なのであれば、2000万円の家のほうが確実に良いでしょう。実際の原価、要は建材などの品質はほぼ同じだと思われるからです。

 

ところが、この差が、3倍長持ちする家かどうかの差だとしたら、2500万円を支払ってでも高いほうの家にするべきだと思います。機密性、断熱材の有無、メンテナンスフリーの建材といった、家をより良くさせるもので値段が上がっているケースがあります。二つ目の落とし穴のところでお話をしますが、このような家を建てることは、長い目で見ると家の寿命や維持費が安くなるので、結局はおトクになるからです。

 

見積もりに「何が含まれているのか」を確認

見積もりにおける基本的なお話をすると、住宅の面積の表現だけでも、施工面積、延べ床面積、建築面積の3種類があります。坪単価が安くなるので、施工面積で値段を出す会社もけっこうあります。ところが、施工面積になると、玄関の外のポーチの先端までだったり、ウッドデッキだったり、そういう部分も含まれるので、トータルすると随分面積が大きくなってくるのです。

 

じつは、法律ではどの単位で表現するかは定められていないので、坪単価いくらという説明を受けた場合、どの面積で割り出しているのかはきちんと確認しなければなりません。

 

また、どの工事以降が別途工事になるのかということも、よく見てください。

 

照明器具は? カーテンレールは? 浄化槽工事は別ですよ、といったことです。細かい話ですが、どれも実際に生活をするためには必要なものですから、どこまでが最初の見積もりに含まれているのかは、気をつけてチェックするべきです。

 

すぐに住み始められるように、その家に合った家具や付帯設備などは用意しておいて、必要であれば付けてくれる。「自分で決めたいのでいらない」という人であれば、その分の金額は引いてくれるというように、臨機応変に対応してくれる住宅会社は気が利いているなと思います。

 

モデルハウスなどを見て、素敵なインテリアがセッティングされていて、「こんな生活が始まるんだ」とワクワクしていても、いざ購入の段階になると、すべて取り払われてガラーンとなり、イメージが違うことはよくあります。希望すれば、それがそのまま手に入るほうが親切ですよね。

 

本連載は、2017年8月15日刊行の書籍『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現場歴36年のプロ直伝――家づくりに潜む7つの「落とし穴」の回避術

オーガニックで豊かな暮らしの家づくり推進協議会 会長
明工建設株式会社 代表取締役
明工建設株式会社一級建築士事務所 管理建築士 

1963年静岡生まれ。静岡県立島田工業高等学校建築科卒業後、地元の総合建設業社を経て明工建設株式会社に入社。一貫して現場監督を続けながら住宅、マンション建設、商業施設建設、公共工事と幅広く対応し、品質管理、工程管理、原価管理のスペシャリストとし て近隣の同業他社や設計事務所からの信頼は厚く、その広汎な知識や情報の教授を願うメーカーや同業者の相談は後を絶たない。
2015年、同社代表取締役に就任。現在は、会社経営の重責をこなしながらも、お客様へのご提案や工事段取りなどには直接対応してお客様第一主義を貫いている。一方、学力優秀な2男1女を育て上げた経験から「住まいと子育て」というテーマでの相談も数多く受けている。
主な資格は一級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、ハウジングライフ(住生活)プランナー、下水道排水設備工事責任技術者、住宅断熱施工技術者、静岡県耐震診断補強相談士、静岡県地震被災建築物応急危険度判定士。

明工建設株式会社HP http://www.meiko-gr.jp/

著者紹介

知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

仁藤 衛

知道出版

家を建てた人の10人に6人が後悔している現実は建設業界の汚点でもある!ついに現場のプロが秘本音を暴露! 家づくりに役立つ情報が満載! 今、人気のオーガニックハウスでさえ1000万円台で建てられる!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧