今回は、「住宅ローン」の選択・借り換えの難しさについて、実例を挙げて見ていきます。※本連載では、オーガニックで豊かな暮らしの家づくり推進協議会・会長で、明工建設株式会社の代表取締役・仁藤 衛氏の著書、『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)の中から一部を抜粋し、家づくりに潜む「7つの落とし穴」を明らかにし、それらを回避するためのポイントを解説します。

あと少しで2000万円のローンが終了する、筆者の事例

私自身の住宅ローンのお話をしましょう。

 

今でこそ会社の社長になっていますが、数年前までは、私も一社員の立場で、現場監督を務めていました。24年前に、住宅ローンを組んで実家を建て替え、ようやく1年後に2000万円のローンが終わる見込みです。その頃は、最長25年のローンしか選択できず、金利も4パーセント以上と高かったと記憶しています。

 

じつは私自身も、この間ローンのことでは苦労しました。

 

最初の問題は、当時のシステムで、住宅金融公庫のゆとり返済を利用してスタートしたこと。まだ給料は右肩あがりで増えていくものだという認識で、最初の5年間は低金利でスタートするのですが、6年目から金利が1パーセント以上も高くなるものでした。

 

そのときにローンの借り換えを検討し始め、はじめてどの金融機関のどのローンが良いのだろう?と悩みました。そして、落とし穴に見事にハマってしまったのです。

やっと借り替えたものの、最初のローンが元利均等で・・・

私は両親との同居でしたので、古い家を建て替えて二世帯住宅にしたまでは良かったのですが、親と私と持分に応じてローンを支払っていたわけです。ところが、父は自営業(いわゆる職人)で、お金が毎月決まった日に入る人ではありません。仕事の完成に応じて集金をするスタイルなので、ローンの引き落としの日に口座にお金が足りないとか、2~3か月分をまとめて支払うといった不規則な支払い履歴になっていたのです。もちろん私は知らなかったのですが、金融機関からすると厄介なお客です。なんと、いくつかの金融機関で借り換えを断られてしまいました。

 

困っていると、父の商売のメインの取引銀行がOKをしてくれて、ようやく借り換えができました。それまでの住宅金融公庫のローンは固定金利でしたが、借り換えは変動金利(元金均等。約2.5パーセント)になったと記憶しています。

 

ところが、当初は金利が安くなったことで喜んだのですが、蓋を開けてみれば、それまで5年間支払っていたローンは元利均等でしたので、ほぼ金利のみを払っていたようなもので、ほとんど元金は減っていない状況だったのです。まだまだローン完済までの道のりは遠いと感じました。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2017年8月15日刊行の書籍『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

    知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

    仁藤 衛

    知道出版

    家を建てた人の10人に6人が後悔している現実は建設業界の汚点でもある! ついに現場のプロが秘本音を暴露! 家づくりに役立つ情報が満載! 今、人気のオーガニックハウスでさえ1000万円台で建てられる!

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ