書籍詳細

『中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 生物・物理編』

中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 生物・物理編

立木 秀知

出版社名:実務教育出版

発行年月:2021年9月

最近街を歩いている時に、「なんでタンポポにはたくさん花びらがあるの?」と保護者の方に問う子どもの声を耳にしたが、通りすがりのことだったので、残念ながら会話はそこまでしか聞けなかった。

さて、私は理科の学習の本質は、「なぜ」と疑問を持ち、その答えを見つけ、その先にまた「なぜ」と考える「なぜと解決」の連鎖にあると思っている。その意味で、何気ない日常の風景に疑問を持ち「なんで?」と無邪気に問う子ども心は、理科の学習の本質と高い親和性を持つ。子どもは本質的に理科が好きなのだ。

私たち大人が「なぜ」と考えるのを止めたのはいつのことだろう。「 そういうものだから」「覚えればいいから」、そう思うようになったのは、いったいいつのことだったのだろうか。

この「なぜ」と思う気持ちを失わず、探求を続けた科学者たちの成果で現代社会の便利な生活は成り立っている。子どもたちが「なぜ」と思う気持ちは理科の学習だけではなく、人類の発展のためにも大切なのだ。

中学受験専門塾ジーニアス

東京都出身。中学受験を経て早稲田実業学校中等部、高等部卒。早稲田大学卒業後、中学受験専門塾ジーニアスの設立メンバーとして参画。講師、生徒、保護者から理科のスペシャリストとして信頼が厚い。「疑問を持った時に頭は回転する」をモットーに、「なぜそうなるのか?」という根幹から考えることで暗記量を抑え、初見の問題にも対応できる現場思考力を養う授業を展開している。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧