書籍詳細

『調査官の「質問」の意図を読む 税務調査リハーサル完全ガイド(第2版)』

調査官の「質問」の意図を読む 税務調査リハーサル完全ガイド(第2版)

編:あいわ税理士法人

著:尾崎 真司

出版社名:中央経済社

発行年月:2020年12月

税務調査官の「質問」にどう応える?
国税不服審判所に勤務経験のある著者が解説!

自分の会社は税務調査の対象にはならない…そう油断してはいませんか。確かに調査の頻度に差はあるかもしれませんが、調査に来ないという保証はどこにもありません。

「この書類を見せてください」
「この取引の内容を教えてください」
「金額に差異があるのはなぜですか?」
「算定根拠を説明してください」

本書では税務調査でよくある調査官の質問を勘定科目ごとに示し、その質問の意図を明らかにすることで、会社が行うべき対応と対策を解説します。

2013年刊行の『税務調査リハーサル完全ガイド』を改訂し、税制改正に対応するとともに、新たに「元審判官によるコーチング」を収録。

能動的な税務調査対応を叶える1冊。

税理士
あいわ税理士法人 パートナー

元国税不服審判所国税審判官。1999年藍和共同事務所(現あいわ税理士法人)入所。2014年から3年間、国税審判官として国税不服審判所に勤務。大手・中堅企業への税務コンサルティング業務に従事。第41回日税研究賞【税理士の部】選考委員会賞受賞。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ