著者紹介

石田 光男

同志社大学名誉教授
国際産業関係研究所所長

1949年生まれ
東京大学経済学部卒業。東北大学大学院経済学研究科修士課程修了、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学(博士経済学 東京大学)。同志社大学文学部社会学科教授、社会学部教授を歴任。

1998年 社会政策学会奨励賞(『日本のリーン生産方式』)、2003年 社会政策学会学術賞(『仕事の社会科学』)、2009年 平成21年度労働関係図書優秀賞(『日本自動車企業の仕事・管理・労使関係』)、令和4年度冲永賞(『パナソニックのグローバル経営』)

現在:同志社大学名誉教授、国際産業関係研究所所長

【主著】
『パナソニックのグローバル経営』(共編著)ミネルヴァ書房、2022年
『労働時間の決定』(共著)ミネルヴァ書房、2012年
『GMの経験』(共著)中央経済社、2010年
『人事制度の日米比較』(共著)ミネルヴァ書房、2009年
『仕事の社会科学』ミネルヴァ書房、2003年
『日本のリーン生産方式』(共著)中央経済社、1997年
『賃金の社会科学』中央経済社、1990年
『現代イギリスの労使関係(下)』(共著)東京大学出版会、1988年

【訳書】
オリバー・E・ウィリアムソン『ガバナンスの機構』(共訳)ミネルヴァ書房、2017年

ほか著作論文多数

書籍

仕事と賃金のルール 「働き方改革」の社会的対話に向けて

『仕事と賃金のルール 「働き方改革」の社会的対話に向けて』

石田 光男

徹底した現場主義で、労使関係の実態を検証し続けてきた著者が、自らの日英米の国際比較調査を跡づけながら、仕事と賃金のルールの特性を浮かび上がらせる。 政労使をはじめとした雇用関係をめぐる本格的で総括的な社会的対話の実現に向けたメッセージ。

書籍紹介

掲載記事

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ