[連載]精神科女医が指南する「ゆる育児」

子どもが産まれたら、「健康に育てたい」というのがすべての親の思いだろう。すると、離乳食なども手作りが望ましいように感じる。ただ、手間も時間もかかり、体や精神の負担になってしまうことも。ゆとりを持って楽しく育児をおこなうためには、市販の離乳食を利用してもいいのではないか。自身も、育児に市販の離乳食を利用し、「ゆる育児」を実践している精神科医の宮川紫乃氏が、その利点を紹介する。

本連載の著者紹介

精神科医、産業医

プライベートでは0歳児の母。Instagramでがんばりすぎず楽しく子育て「ゆる育児」を発信中。
https://www.instagram.com/hej_shino/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!