マンションリフォーム工事における「管理組合」のかかわり方

今回は、マンションリフォーム工事における管理組合(理事会)の関与の仕方について見ていきます。※本連載は、マンション維持管理支援・専門家ネットワークの編著書『Q&Aマンションリフォームのツボ―管理組合・居住者が知っておくべきトラブル予防・解決の必須知識』(民事法研究会)の中から一部を抜粋し、リフォームにまつわるトラブルを防止し、マンション全体の資産価値の向上にもつながるリフォームの基礎知識を具体例とともに紹介します。

リフォームに関する細則の役割

管理組合は、専有部分のリフォームに際して、どのようにかかわるのでしょうか。

 

専有部分のリフォームであっても、共用部分やマンション全体の維持・管理に影響を与えたり、他の住戸に影響を与える場合があるため、管理組合は、細則を定めるなどして、適切に管理することが必要です。

 

(1)リフォームに関する細則の役割

巻末に参考資料として、マンション維持管理支援・専門家ネットワーク版「専有部分のリフォーム工事に関する細則」(以下、「当ネットワーク版細則」といいます)を掲載しています(※書籍参照)。この細則は、公益財団法人マンション管理センターの「専有部分の修繕等に関する細則」を参考に、現実的な運用を踏まえて作成したものです。このような細則が必要となるのは、リフォームを進めるにあたって問題を引き起こさないようにすることが目的であるだけでなく、将来発生する工事の際や不具合の発生時において、過去に専有部分でどのような工事が行われていたのかを把握する必要が生じるためです。

 

よって、考え方によってはすべての工事を理事長の承認を要する工事とすることも考えられますが、理事長(理事会)の業務量が大幅に増えてしまうこと、区分所有者(施主)においても手続が煩雑になり時間を要することから、当ネットワーク版細則では「理事長への届出のみ」でできる工事と「理事長の承認が必要」となる工事に分けて考えられています。

施主からの「届出」「要承認事項」があった場合

(2)届出の場合

理事長は、施主から工事の1週間前に提出されていれば、届出手続書類を保管するのみです。

 

ただし、「届出」で足りると考えていたとしても細則上承認を必要とする工事である場合もあるため必ず確認してください。

 

(3)要承認事項の場合

施主は、工事30日前までに、設計図、仕様書、工程表のほか、理事長が指示する書類を添付して、理事長に申請書を提出します。

 

施主は、理事長が専門家による確認・調査が必要と判断した場合、調査費用を管理組合に支払います。理事長は、専門家に確認・調査を依頼します。

 

その後、理事長は、施主に結果を通知します。

 

理事長は申請があった場合、その内容を確認することになりますが、専門家でないと承認の可否について判断することが難しい内容が多々存在します。そのような場合を想定して、確認や調査を依頼する専門家をあらかじめ選定しておき、委託費用も決めておくとよいでしょう。

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク 代表・弁護士

東京東部法律事務所。1996年4月弁護士登録、東京弁護士会所属。民事全般・公害関係を専門とし、マンションなんでも相談会など他分野の専門家と協力し解決に取り組んでいる。

著者紹介

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク 副代表・一級建築士

山野井建築設計工房 主宰。マンション管理支援協議会理事・技術者。ホームドクター株式会社検査員。江戸川区内マンション協議会顧問。管理組合理事長の経験も生かし、分かりやすい説明で管理組合の主体性を守護。建物維持管理のサポートや啓蒙活動を専門とする。

著者紹介

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク 副代表・一級建築士

株式会社象地域設計 取締役。マンション大規模修繕工事の劣化診断、設計への取り組みの他、団地の再生や既成市街地での共同建替えなど、住民の立場で合意形成に取り組む。

著者紹介

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク 事務局長・マンション管理士

株式会社興和ビルメンテ 取締役 管理部長。管理組合や行政主催のセミナー講師、相談員として長年活躍。日本マンション学会理事。著書に『めざせ!マンション管理士・管理業務主任者』(日本能率協会マネジメントセンター)等。

著者紹介

連載永く快適に住み続けるための「マンションリフォーム」の基礎知識

本連載は、2015年12月1日刊行の書籍『Q&Aマンションリフォームのツボ―管理組合・居住者が知っておくべきトラブル予防・解決の必須知識』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

Q&Aマンションリフォームのツボ―管理組合・居住者が知っておくべきトラブル予防・解決の必須知識

Q&Aマンションリフォームのツボ―管理組合・居住者が知っておくべきトラブル予防・解決の必須知識

民事法研究会

マンションを終の棲家と考え、買替えではなく、同じ場所に長く住み続けたいという需要の増加で、マンションリフォームの需要が高まりをみせてます。他方、リフォームに関する法規制は不十分で、専門知識や技術のない業者が多く…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧