助成金のアドバイザーは「中小企業診断士」が適任である理由

今回は、助成金のアドバイザーは「中小企業診断士」が適任である理由を見ていきます。※本連載は、福井泰代氏が代表取締役を務める「株式会社ナビット」による発行小冊子、『経営者のための助成金のすすめ』から、助成金と補助金によって、企業にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

複数の士業によるネットワークが必要だが…

次に私たちが始めたのは、全国対応するコンサルタント開拓でした。前回のチャレンジ物語でも紹介したように、成功のコツは腕のいいプロが不可欠なため、私たちは全国レベルで会員さんをサポートしてくれるプロの人たちの開拓に入りました。

 

資料を送り、当社の動画を見てもらい、面談をし、経験などを確認したうえで、首都圏から全国エリアに広げたところ、一つ問題が発生しました。

 

助成金は社会保険労務士が申請代行ができ、補助金は税理士、中小企業診断士がサポート支援できるのですが、社会保険労務士のネットワークは簡単に開拓できたのですが、税理士のネットワークが全く進まないのです。

 

理由は、時期が3月だったため、確定申告や企業の決算対応が忙しいらしく、全く連絡がつかず、連絡がついても相手にされない、という状況が続きました。

 

そんな中「ものづくり」と「創業助成金」が例年通り、3月末に公募を開始しました。東京会場、全国配信のオンラインセミナーが始まりますが、肝心の税理士が足りません。

 

そこで全国の認定機関に相談をしたところ、税理士ではなく、中小企業診断士の方が適任ではないか? というアドバイスをもらい、全国の中小企業診断士をエリアごとにご紹介いただくことができるようになったのです。

補助金の面接官は、中小企業診断士が行っていた!

そして、中小企業診断士の方と面談をすると、驚くことがわかりました!

 

実は、中小企業診断士こそが、国から依頼を受けて、色々な補助金の面接官をやっている人たちだったのです。当社が2014年にドキドキしながら面談した時の面接官も、「ああ、あれは○○ね」という話になり、押さえておかなければならないポイントを、効率よく指導してもらえる適任者だということがわかりました。

 

全国の中小企業診断士のサポート体制もどうやら整い、力強い助っ人を得て、ギリギリものづくりの一次公募に間合わせることができました。

株式会社ナビット 代表取締役

神奈川県箱根町生まれ。31歳で創業。有限会社「アイデアママ」の社長になる。
当時4つの発明をし、もっとも売れたのが「のりかえ便利マップ」である。
現在は日本全国73%の駅に採用されている。

助成金・補助金情報サイト「助成金なう」はこちらから!
https://www.navit-j.com/service/joseikin-now/index.php


「助成金なう」は企業様にマッチした助成金・補助金の情報提供、申請のサポート支援するサービス。全国11,187機関の助成金・補助金情報を毎週随時更新。また、他社サイトにはない全国1,558市区町の自治体案件も掲載している。全国に提携している中小企業診断士や社会保険労務士のネットワークで、企業様の助成金・補助金の申請のサポートも行う。

著者紹介

連載経営者のための「助成金・補助金」の基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧