〈新NISA〉つみたて投資枠対象商品への「昇格」銘柄も、続々登場…「成長投資枠」の具体的な投資戦略の例【FPが解説】

〈新NISA〉つみたて投資枠対象商品への「昇格」銘柄も、続々登場…「成長投資枠」の具体的な投資戦略の例【FPが解説】
(画像はイメージです/PIXTA)

新NISAの商品には、厳しい要件をクリアして、つみたて投資枠対象商品に昇格した銘柄も続々登場しています。これらを第2、第3の銘柄として成長投資枠で投資していくのも面白い戦略だといえます。※本連載は、ファイナンシャル・プランナーの神戸孝氏監修『ここで差がつく! 新NISA 徹底活用術』(インプレス)より一部を抜粋・再編集したものです。

つみたて投資枠の商品は、優良銘柄が勢揃い!

つみたて投資枠で購入可能な投信は、約280本あります。成長投資枠の場合は、これにプラスして、約2000本の投信を購入することができ、合計約2280本が対象となります。この中には、つみたて投資枠対象商品と投資対象が同じ分類でも、成長投資枠でしか購入できない銘柄があります。その違いは、つみたて投資枠対象商品の厳しい条件をクリアしているか、していないかの差です。

 

つみたて投資枠は一般的な株価指数に連動したインデックス型投信で、コストなどの条件をクリアしていれば、設定と同時に登録可能です。

 

それに対し、アクティブ型投信や特殊な株価指数に連動したインデックス型投信は、厳しい要件(下記のCHECK参照)をクリアする必要があります。しかし、下表で紹介している投資信託のように、つみたて投資枠対象商品に昇格した銘柄も続々登場しています。これらを第2、第3の銘柄として成長投資枠で投資していくのも1つの戦略です。

 

NISAで買える投資信託は全部で約2200

 成長投資枠の商品ラインアップは非常に豊富 

 

成長投資枠で購入できる投資信託の本数は約2280本。つみたて投資枠の約280本と比べると圧倒的な本数で、さまざまなタイプの商品を選ぶことができます。

 

[図表1]NISAで購入可能な投資信託

 

◆「つみたて投資枠に昇格した優秀な投信を成長投資枠で選ぶ

 特殊な指数連動型の投資信託を狙う 

 

つみたて投資枠の対象となるのは、下記図表3のように厳しい要件が必要。そこで、つみたて投資枠に昇格した優秀な投資信託を成長投資枠で選ぶのも手です。近年つみたて投資枠入りした、特殊な指数に連動する投資信託をまとめました。

 

[図表2]最近つみたて投資枠の条件をクリアした優秀な投資信託(一例)

 

【CHECK!】

つみたて投資枠対象になるための要件は?

 

厳しい要件をクリアする投資信託が増えている

つみたて投資枠には厳しい対象要件が課せられていますが、これらの要件をクリアする投資信託はどんどん増えており、今後つみたて投資枠でもより多くの商品を選べることになるでしょう。

※インデックス型・バランス型の場合、国内:0.5%以下、海外:0.75%以下
[図表3]つみたて投資枠対象投信になる要件 ※インデックス型・バランス型の場合、国内:0.5%以下、海外:0.75%以下

米国経済に期待するなら、米国株集中も面白い

成長投資枠でも、つみたて投資枠対象商品を利用する場合の具体的な例を図表4で3つあげました。

 

1つ目は、通称オルカンと呼ばれる株式型投信の王道商品1本に絞る方法。長期間積み立てる前提であれば、世界の経済成長に見合った運用成果が期待できます。

 

2つ目は、リスクは高めですが、より攻め重視の運用ができる組み合わせ。米国のIT企業10銘柄で構成された指数に連動する商品と、今後の高い成長が期待できる新興国の代表インド株式型を50%ずつ積み立て。

 

3つ目は、世界最大の経済大国アメリカにすべて投資する場合。世界中でビジネスを行うグローバル企業の株価に連動しているタイプなので、長期運用で、大きめのリターンが狙える組み合わせといえます。

 

どんなつみたて投資枠対象の投資信託を選ぶ?

 投資初心者はまずはオルカン1本で幅広く分散投資を 

 

投資初心者で目当ての銘柄がない人は「全世界株式型投信」1本に絞るのがおすすめ。少し攻めの運用をしたい場合は、インド株式などリスクをとった投資信託を選ぶ選択肢も。経済大国アメリカの恩恵を受けたいという人は、連動する株価指数の種類を変えて、分散して投資する方法もいいでしょう。

 

[図表4]集中型から分散型まで方法はさまざま

 

 

神戸 孝
FPアソシエイツ・グループ代表 ファイナンシャル・プランナー

 

注目のセミナー情報

【事業投資】7月18日(木)開催
毎月、黒字店舗から安定収益が得られる!
300万円から始められる事業投資セミナー

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

※本連載は、ファイナンシャル・プランナーの神戸孝氏監修『ここで差がつく! 新NISA 徹底活用術』(インプレス)より一部を抜粋・再編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録