経済大国なのに「労働生産性」が低すぎる…日本経済の足を引っ張る「ゾンビ企業」とは【マネックスグループ会長・松本大氏が解説】

経済大国なのに「労働生産性」が低すぎる…日本経済の足を引っ張る「ゾンビ企業」とは【マネックスグループ会長・松本大氏が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

経済の低迷が続き、諸外国との差が開いていく日本。その原因は、マイナスを引きずったまま残り続ける「ゾンビ企業」の数にあると言います。本記事では『松本大の資本市場立国論』(東洋経済新報社)から、著者の松本大氏が、日本経済が低迷する原因と諸外国との違いを解説します。

日本の生産性を低下させている「ゾンビ企業」の存在

日本は生産性が低いとよく言われます。そんなことを言われても、そもそも「生産性って何?」と思っている人も少なくないと思います。

 

正確には「労働生産性」と言います。これは、生産活動を行うために投入した「リソース(労働力や資本)」に対して得られた「生産物の産出量」の比率を指しています。

 

たとえば1日200杯のラーメンが売れるお店があるとしましょう。A店で働く店員は5人で、B店は4人です。A店は5人で200杯ですから、生産性は200杯÷5人で40(杯/人)です。そして、B店は200杯÷4人なので50(杯/人)になります。つまり生産性はB店のほうが高くなります。

 

つまり、より少ない労働力と資本の投入で、より大きな生産物を生み出せるほど、生産性が高いということになります。

 

では、日本は諸外国に比べて、本当に生産性が低いのでしょうか。具体的な数字を見てみましょう。

 

公益財団法人日本生産性本部が2022年12月に公表した「労働生産性の国際比較2022」によると、OECDデータに基づく2021年の日本の時間あたり労働生産性(就業1時間あたり付加価値)は、49.9ドルでした。

 

これに対して米国のそれは85.0ドルなので、日本のそれは米国に比べると6割弱程度でしかありません。日本はOECD加盟国38カ国のなかで27位であり、データが取得可能な1970年以降、最も低い順位になりました。

 

また、日本人の1人あたり労働生産性は8万1,510ドルで、こちらはOECD加盟38カ国中29位で、これも1970年以降で最も低い順位になりました。

 

この1人あたり労働生産性が最も高い国はアイルランドで、22万6,568ドルもあります。2位以下の数字を並べると、

 

2位 ルクセンブルク:17万4,888ドル
3位 ノルウェー:15万3,118ドル
4位 米国:15万2,805ドル
5位 スイス:14万1,411ドル
6位 ベルギー:13万9,339ドル
7位 デンマーク:13万956ドル
8位 フランス:12万4,350ドル
9位 オーストラリア:12万2,820ドル
10位 オーストリア:12万2,366ドル

 

これ以上、挙げてもきりがないので、10位までとしますが、これらの国々と比較した場合、日本の労働生産性がいかに低いか、おわかりいただけるのではないでしょうか。

 

ちなみに、日本よりも1人あたり労働生産性の高い国には、スロベニア、チェコ、トルコ、リトアニア、エストニアといった、GDPの総額では日本よりもはるかに少ない国がたくさんあります。

 

つまり日本は、GDPの総額では世界第3位という経済大国ではあるのですが、1人あたり生産性は他の国々に比べて低迷しているのです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ米国は生産性のない企業の「退出」が早い

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録