「彼の言ってることはわかるけど…。」は英語で「I see his point, but...」。“つぶやくだけ”でOK!〈英語脳〉を育てる「ひとりごと」フレーズ集

「彼の言ってることはわかるけど…。」は英語で「I see his point, but...」。“つぶやくだけ”でOK!〈英語脳〉を育てる「ひとりごと」フレーズ集
(※写真はイメージです/PIXTA)

「英語脳」を育てる最適な学習法、それは「ひとりごと」です。本稿では、重森ちぐさ氏の著書『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KAODOKAWA)より一部を抜粋し、会議等の場面で使えるひとりごとフレーズを見ていきましょう。ひとりごと学習を実践する際は、「その行動をとるとき」や「誰かに伝えるとき」につぶやいたり、感情をこめてつぶやいたりすることで、より定着率を高めることができます。

会議があるときにつぶやけるフレーズ

「今日の議題はネクステップ社との合併についてだ。」

⇒On today’s agenda is the merger with Nextep.

(merger:合併)

 

「会議室を予約しないと。」

⇒I have to book a meeting room.

(book~:~を予約する ※動詞として使う)

 

「ネクステップ社の佐藤さん、この時間空いてるかな?」

⇒Is Mr. Sato of Nextep available at this time?

(available:都合がいい、利用できる)

 

「彼にアイディアを売り込むぞ。」

⇒I’ll pitch the idea to him.

(pitch:〔ビジネスの文脈で〕契約を得るために売り込む)

 

 

「この会議、時間をちゃんと考えて進行するのがとても重要だ。」

⇒Timekeeping is very important for this meeting.

(timekeeping:時間管理、計時)

 

「佐藤さんの意見が聞きたいな。」

⇒I wanna hear Mr. Sato’s opinion.

(Mr.:男性に使う敬称で、ラストネーム〔姓〕かフルネームの前に付ける)

 

「いい言葉が出てこない!」

⇒I can’t think of the right words!

(think of~:~を思いつく、考えつく)

 

「うーん、それが確かかわからない。」

⇒Well, I’m not so sure about that.

(be sure about ~:~に確信がある)

 

「彼の言ってることはわかるけど…。」

⇒I see his point, but...

(point:要点、論点、言いたいこと)

 

「この会議はとてもよく準備されてるなぁ。」

⇒This meeting is very organized.

(organize~:~を組織する、計画する、催す)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表1]会議① イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表2]会議② イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

企画のシーンでつぶやけるフレーズ

「新製品の開発期間2ヵ月しかないのか。」

⇒We have only two months to develop a new product.

(develop~:~を開発する)

 

「予算がすごく少ない。」

⇒We have a very small budget.

(budget:予算)

 

「企画書を明日までに提出しないと。」

⇒I have to submit my proposal by tomorrow.

(by+曜日・時間等:~までに)

 

「何か革新的なアイディアが必要だ。」

⇒I need some innovative ideas.

(innovative:革新的な)

 

「最新のトレンドって何だ?」

⇒What’s the latest trend?

(the latest: late〔遅い〕の最上級、一番遅い→「最新の」)

 

「論理性に欠けてるな。」

⇒It’s not logical.

(logical:論理的な)

 

「もう少しデータが必要だ。」

⇒We need more data.

(dataは単数でも複数でも同じ)

 

「お客様にアンケートを取ろう。」

⇒We need a customer survey.

(customer survey:顧客調査)

 

「エクセルの集計、時間かかるなあ。」

⇒It’s going to take a long time to compile the data in Excel.

(compile~:〔データや情報〕を集める)

 

「広告用の素材を用意しなきゃ。」

⇒I need to prepare some material for an advertisement.

(advertisement:広告〔adと省略可〕)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表3]企画① イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表4]企画② イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

オンライン会議でつぶやけるフレーズ

「今回は対面でなくオンラインで会議しよう。」

⇒This time we’re meeting online, not in person.

(in person:対面で ※face-to-faceでもよい)

 

「関係者全員にリンクを共有して、と。」

⇒I’ll have to share the link with everyone involved.

(involve~:~を関係させる)

 

「アメリカと日本との時差はどれくらいだっけ?」

⇒What’s the time difference between the US and Japan?

(between A and B:AとBの間に)

 

「この会議のパスコード誰か知ってるかな?」

⇒Does anyone know the passcode for this conference?

(passcode:暗証番号)

 

「ログイン用のミーティングID 忘れた。」

⇒I’ve forgotten the meeting ID to log in.

(forgotten:forgetの過去分詞)

 

「おっと、ミュートになってた。」

⇒Oops, I was on mute.

(on mute:音声がオフで)

 

「みんな私の声聞こえてるんだろうか?」

⇒I wonder if people can hear me.

(I wonder if~:~かな)

 

「話題を変えたいなあ。」

⇒I’d like to change the subject.

(would like to+動詞:want to+動詞より丁寧でフォーマル)

 

「画面を共有しよう。」

⇒I’ll share the screen.

(share〜:〜を共有する、シェアする)

 

「この会議、録画されてるかな?」

⇒Is this meeting being recorded?

(be+being+過去分詞:受け身の進行形)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表5]オンライン会議① イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表6]オンライン会議② イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

資料作成のときにつぶやけるフレーズ

「念のためパソコンにデータを移しておこう。」

⇒I’ll transfer the data to this computer just in case.

(transfer A to B:AをBに移す)

 

「このプレゼンのファイルの容量、重いな!」

⇒The size of this presentation file is big!

(データは実際に質量があるわけではないのでheavyは間違い)

 

「おっと、危うくデータ全部なくすとこだった。」

⇒Oops, I almost lost all my data.

(almost+動詞:もう少しで〜するところだ)

 

「今日はネットが重いな。」

⇒The Internet is so slow today.

(重い=接続の速度が遅いということなのでslowを使う)

 

「スクショ撮っておこう。」

⇒I’ll take a screenshot.

(take a photo〔写真を撮る〕と同じtakeの使い方)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表7]資料作成 イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

 

重森 ちぐさ

 

株式会社Nextep代表取締役兼英語講師。英会話スクール運営。こども園、小学校の英語スーパーバイザー。子供、超初心者の大人向けの指導が得意。

大手の英会話スクール勤務後、ユネスコ世界会議のスタッフや、教育委員会からの依頼で13校の小学校英語講師や中学校の英検スーパーバイザーを務めた。

YouTube「NextepちぐさのYouTube英会話教室」は登録者数14万人(2023年1月時点)。

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、重森ちぐさ氏の著書『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ