(※写真はイメージです/PIXTA)

「英語脳」を育てる最適な学習法、それは「ひとりごと」です。本稿では、重森ちぐさ氏の著書『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KAODOKAWA)より一部を抜粋し、ビジネス等の場面で使えるフレーズを紹介します。なお、今回のフレーズを使ったひとりごと学習は、自分がその行動をとるときや誰かに伝えるときなどにつぶやくと効果的です。身体を使って自分の行動を実況することで、行動と英語を結びつけ、感覚を身体にインプットしましょう。

初対面(フォーマル)で使えるフレーズ

「直接会えて嬉しいです。」

⇒Nice to meet you in person.

(in person:じかに、直接)

 

 

「やっと会えましたね。」

⇒It’s so nice to finally meet you in person.

(finally:やっと)

 

 

「お会いできて光栄です。」

⇒It’s a pleasure to meet you.

(pleasure:喜び)

 

 

「ご機嫌いかがですか?」

⇒How do you do?

(上品な言い方)

 

 

「今日はお時間いただきありがとうございます。」

⇒Thank you for your time today.

(your time:あなたの時間)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表1]初対面(フォーマル) イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

お礼のフレーズ

「心より深く感謝申し上げます。」

⇒Please accept my deepest thanks.

(直訳は「私の最も深い感謝を受け取ってください」 ※フォーマルな言い方)

 

 

「とても感謝しています。」

⇒I am very grateful.

(grateful:感謝している)

 

 

「お気遣いに感謝します。」

⇒Thank you for your concern.

(気を遣ってくれてありがとう、という意味)

 

 

「感謝してもしきれないよ。」

⇒I can’t thank you enough.

(カジュアルな場面でもフォーマルでも使える)

 

 

「心の底からありがとう。」

⇒Thank you from the bottom of my heart.

(最上級の感謝を伝える時に使う)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表2]お礼 イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

電話のときに使えるフレーズ

「もしもし、【トム】と申します。チグサ様とお話ししたいのですが。」

⇒Hello, my name is 【Tom】. May I talk to Chigusa, please?

(【人名】の部分は自分の名前に置き替えましょう)

 

 

「もしもし、【ジョー】だけど今大丈夫?」

⇒Hey, it’s 【Joe】. Is it OK to talk now?

(OKはa good timeにしてもよい)

 

 

「今話せる?」

⇒Can we talk now?

(Can I talk with you now?でもよい)

 

 

「彼に電話をしてもらえるようお伝えいただけますか?」

⇒Can you have him call me back?

(have+人+動詞:【人】に〜してもらう)

 

 

「【トム】ですが、折り返しお電話をしています。」

⇒This is 【Tom】. I’m returning your call.

(return one’s call:~に折り返しの電話をする)

 

 

「はい、こちら【ボブ】です。ご用件は何でしょうか?」

⇒Hello, this is 【Bob】 speaking. How may I help you?

(speaking は省略可)

 

 

「どちら様でしょうか?」

⇒May I ask who’s calling?

(ビジネスシーンではplease を最後に入れた方が丁寧)

 

 

「トムの代理でご連絡しています。」

⇒I’m calling on behalf of Tom.

 (on behalf of~:〜の代わりに)

 

 

「すみません、もう一度よろしいでしょうか?」

⇒I’m sorry, but could you repeat that, please?

(could を使って丁寧に言うとよい)

 

 

「おそらく間違い電話かと思います。」

⇒I believe you have the wrong number.

(believeをthinkと言ってもよい)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表3]電話① イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

イラスト:タイセイ 出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)
[図表4]電話② イラスト:タイセイ
出所:重森ちぐさ著『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)

 

 

重森 ちぐさ

 

株式会社Nextep代表取締役兼英語講師。英会話スクール運営。こども園、小学校の英語スーパーバイザー。子供、超初心者の大人向けの指導が得意。

大手の英会話スクール勤務後、ユネスコ世界会議のスタッフや、教育委員会からの依頼で13校の小学校英語講師や中学校の英検スーパーバイザーを務めた。

YouTube「NextepちぐさのYouTube英会話教室」は登録者数14万人(2023年1月時点)。

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、重森ちぐさ氏の著書『今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000

    今日からつぶやけるひとりごと英語フレーズ1000

    重森 ちぐさ
    イラスト:タイセイ

    KADOKAWA

    【ひとりだから英語を話せるようになる!「つぶやくだけ」の英語学習】 英語脳を育てる最適な手段、それは「ひとりごと」です。 「ひとりでつぶやくだけ」だから自分のレベルに合わせられるし、場所を選ばないから誰でも…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ