相続税の生前対策には、どの程度の「時間」がかかるのか?

前回は、納税資金を比較的簡単にねん出する方法を紹介しました。今回は、相続税の生前対策を完了するまで、どの程度の「時間」がかかるのかを見ていきます。

生前対策の完了まで「5年」は見ておきたい

財産の棚卸では「あなたしかわからない財産」の明細を作るところから始めました。そして、その資産があなたにとって優良資産かどうかを見極め、必要であれば権利調整をし、複雑な共有状態になっているのなら分割するなどの対応をする、というところまでお伝えしてきました。

 

そういった生前対策をすることで、もめる可能性は格段に減るでしょうし、残る財産も多くなっていくでしょう。

 

しかし、考えておかなければならないのは、棚卸をするにも書類を集めるのにも時間がかかること、また、その後も対策を講じていくのに長い時間がかかることです。

 

「資産の組み換え」も「等価交換」もすぐにできるとは限りません。不良資産の売却や不良債権の処理、不肖の息子の経営する実体のない会社の破たん処理までやるとしたら、相当の時間がかかるのは言うまでもありません。

 

理屈がわかっていたとしても、相手がいることでもありますから、簡単に済ませられるものではないのです。また逆に時間をかけないとうまく効果が出ないともいえます。不動産を売却したい時などはなおさらです。相手はこちらに時間がないとわかれば足元を見てくることもあります。

 

さらにいえば、ここに挙げた生前対策は手始めにすぎません。これより一歩も二歩も進んだ節税対策があります。それを実行していくためには、さらに時間がかかってきます。

 

以上を踏まえて、どれくらい時間がかかるかの目安として、基本的には5年は見てもらいたいと筆者は考えています。

相続対策は「時間との勝負」…動けるうちから開始を

こう考えると、やはり相続対策は時間との勝負と言えそうです。財産が多ければ多いほど始めるのが早いに越したことはないのです。

 

まだまだ早い、自分が死ぬなんて縁起でもないとは思わないでください。すべてはもめないようにして、先祖代々の資産をそのまま、もしくは価値を上げて次の世代へと引き渡すためなのです。

 

また、財産の棚卸をしていれば、その最中に、「これはあの子にあげよう」「事業はこの子に継がせよう」と考えが具体的になってくることも多いはずです。被相続人の財産ですから、まず被相続人がどうしたいかということを考えるのは重要なことです。実はこれが、その次のステップになっていきます。

 

財産の棚卸が終了し、ある程度資産の整理ができても、もめることはあります。自分が一生懸命にいろいろな対策を講じたとしても、それが被相続人の思い込みなどからくるものであれば、相続人にとって必ずしもいいこととはいえません。

 

せっかくの生前対策が徒労に終わらないように、何をすべきか。それは、連載「『信託』と『遺言』で3代先まで財産を引き継ぐ相続対策」にて説明しています。

エクスプレス・タックス株式会社 代表取締役
税理士

福島県いわき市出身。昭和60年税理士登録。昭和61年株式会社タクトコンサルティングに入社し、不動産を使った相続税対策の草創期から資産税に携わる。土地は“持つべき資産”から“利用すべき資産”への発想に転換すべきことを早くから提唱。
平成23年1月にエクスプレス・タックス株式会社代表取締役に就任し、個人・法人の資産税を中心とした幅広いコンサルティングおよび講演を行っている。講演では、ケーススタディ方式で易しく解説し、多くのファンを持つ。また、最近では不動産M&A・等価交換事業・法人化対策・家族信託に特化したコンサルティングに力を入れている。

著者紹介

連載相続対策の成否を左右する「財産の棚卸」の進め方

本連載は、2013年8月2日刊行の書籍『相続財産を3代先まで残す方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

相続財産を3代先まで残す方法

相続財産を3代先まで残す方法

廣田 龍介

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢化による老々相続、各々の権利主張、そして重い税負担…。 現代の相続には様々な問題が横たわり、その中で、骨肉の争いで泥沼にハマっていく一族もあれば、全員で一致団結して知恵を出し合い、先祖代々の資産を守っていく…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!