10月米国消費者物価指数CPIで金利上昇観測が後退。一方でパウエル議長の発言ではターミナルレート上方修正の可能性が視野に (画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が、「今週のアジア経済現地レポート」をお伝えします。

10月米国消費者物価指数CPIで金利上昇観測が後退

11月10日に発表された米CPI(10月)では、コアCPI指数が、前月比0.3%上昇、前年同月比では6.3%上昇となり、40年ぶりの高い伸びを示した前月9月の前年同月比6.6%上昇からは、伸びが小幅になった。

 

事前に予想されていた前年同月比で6.5%の上昇には届かず、市場には安心感が広がった。コアCPI指数は、価格変動の大きい食品やエネルギーを除いて構成され、インフレ動向を最も的確に表すとされる。

 

総合CPIは前月比0.4%上昇だった。ガソリン価格が、反転上昇したことが影響した模様である。前年同月比では7.7%上昇と、事前予想の前年同月比7.9%上昇は下回ったが、こちらも高い水準にあり、インフレ率の上昇圧力が抑制可能となって来たとは断言できる水準ではない。

市場は期待感から大きく反応

米FRBがどのような判断を下すか注目されるが、今後数ヵ月、すなわち2023年前半を見通して、利上げペースを減速させる余地が出てきたと市場では受け止めた。

 

発表後のニューヨーク市場では、ドル金利が低下した。短期金融市場では、FRBが12月の次回FOMC会合で、利上げ幅を縮小し、その後の利上げペースを鈍化させるとの観測が強まり、ターミナルレートも政策金利で5%に達しないで利上げが停止されるとの見方にシフトした。

 

為替相場では、米ドルが主要通貨に対して値を下げた。ドル円は、1ドル=146円00銭から1ドル=143円20銭へと、ドル売り円買いが進み、翌日11日には一時138円台まで円が上昇した。ユーロドルも1ユーロ=1.033ドル台までユーロが買い進まれた。

 

米国株式市場も、寄り付きから買いを集め、10日11日と連日上昇した。週の前半は下値を試す厳しい展開だったが、CPIでモメンタムは一変し、S&P500は前週末の3,770.55から3992.93へと5.8%上昇した。

 

ダウ平均は前週末の32,403.22から33,747.86へと4.1%高で引けた。ナスダック総合指数は前週末10,475.25から11,323.33へと上げ8.09%高と幅も大きかった。

 

ナスダック総合指数は、前週、週足では今年1月以来の大幅な下げ率を記録していたが、一転して2年ぶりの大幅高となった。

ガソリンや家賃の高騰はつづく

14日にニューヨーク連銀が発表した家計調査(10月)では、消費者はインフレに対して厳しい見方をしていると推定できる。1年後のインフレ期待は5.9%と、9月調査時点の同5.4%から0.5%上昇した。

 

3年後は3.1%(9月は2.9%)、5年後は2.4%(同2.2%)とそれぞれ上昇した。米FRBが目標としているインフレ率は2%であり、この水準をいずれも大きく上回っている。

 

要因としては、ガソリン価格が上昇する見通しが再度強まっているためで、実際にガソリン価格は10月に全米で上昇した。

 

また、食品や住居費でも1年後の価格の見通しは上昇しており、家賃の上昇率は1年後で9.8%に達すると消費者は予想しているという結果となった。

 

車社会である米国で、ガソリン価格の上昇は、消費者にダイレクトに響く。家計が一番痛みを感じやすいのはガソリン価格であり、感応度が高いことが改めて示された。

 

10月CPIでは、インフレ率の上げ幅がわずかに縮小したが、絶対水準は依然高い。インフレの沈静化と評価することは早計であると引き続き考えている。

あなたにオススメのセミナー

    Wells Global Asset Management Limited, CEO最高経営責任者 国際金融ストラテジスト <在香港>

    京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)

    シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末に東京三菱銀行(現:MUFG 銀行)に移籍し、リテール部門のマーケティング責任者、2009年からはアジアでのウエルスマネージメント事業を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。その後、独立して、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence(限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。
    2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得して、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。(香港SFC CE No. BIS009)
    世界の投資機会や投資戦略、資産防衛にも精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。

    ● 個人公式サイト
     「HASEKENHK.com」(https://hasekenhk.com/)

    著者紹介

    連載国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Weekly」

    本連載は、Wells Global Asset Management Limited, CEO/国際金融ストラテジストの長谷川建一氏による「幻冬舎ゴールドオンラインチャンネル」のライブ配信動画の概要をまとめたものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ