自民党の派閥と岸田首相の政権運営という観点からみる「日本株」【ストラテジストが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供する「市川レポート」を転載したものです。

 

●党最大派閥は清和政策研究会(安倍派)94人、第2派閥は平成研究会(茂木派)54人。

●第3派閥は志公会(麻生派)で約50人、宏池会(岸田派)と志帥会(二階派)は40人超。

●24年の総裁任期満了まで支持率と派閥動向に注目、状況次第で株価の波乱材料となることも。

党最大派閥は清和政策研究会(安倍派)94人、第2派閥は平成研究会(茂木派)54人

今回のレポートでは、自民党の派閥の歴史を紐解き、今後の派閥動向が、岸田首相の政権運営や日本株に与える影響について考えます。自民党の最大派閥は「清和政策研究会(安倍派)」で、会員数は94人です【図表】。同会は、安倍晋三氏の祖父・岸信介氏の派閥を源流とし、福田赳夫元首相が1979年に創設しました(当初名称は「清和会」)。現在、塩谷立、下村博文両会長代理を中心に運営されており、名称も安倍派のままです。

 

(注)敬称略。会員の人数は推計を含む。 (出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成
【図表】自民党の派閥の主な流れ (注)敬称略。会員の人数は推計を含む。
(出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

第2派閥は「平成研究会(茂木派)」で、会員数は54人です。派閥の源流は吉田派までさかのぼります。吉田派は、1957年に「周山会(佐藤派)」と「宏池会(池田派)」に別れ、1972年に佐藤派から「七日会(後の木曜クラブ、田中派)」が独立し、1987年には田中派から「経世会(竹下派)」が独立しました。経世会は1994年に平成政治研究会に名称変更し、さらに1995年には平成研究会に名称を変更しました。

第3派閥は志公会(麻生派)で約50人、宏池会(岸田派)と志帥会(二階派)は40人超

第3派閥は「志公会(麻生派)」で、会員数は50人とみられます。同会は前述の宏池会の流れをくみ、1999年に河野洋平氏が加藤紘一氏と対立して宏池会を脱退、「大勇会」を立ち上げました。その後、麻生太郎氏が、2006年に大勇会を継承しつつ、新たに「為公会」を旗揚げしました。そして2017年、「番町政策研究所(山東派)」との合流により、志公会が発足しました。

 

「宏池会(岸田派)」と「志帥会(二階派)」の会員数は、ともに40人を超えるとみられます。志帥会の源流は、春秋会(河野派)から1966年に独立した新政同志会(中曽根派)までさかのぼります。1998年に、山崎拓氏が「近未来政治研究会」を結成して分離・独立した後、会長の村上正邦氏が、亀井静香氏のグループと合流し、1999年に志帥会が発足しました。なお、近未来政治研究会は現在、森山派となっています。

24年の総裁任期満了まで支持率と派閥動向に注目、状況次第で株価の波乱材料となることも

岸田文雄首相(自民党総裁)のもと、2021年10月1日に発足した自民党新執行部は、安倍前首相や麻生副総理に配慮した顔ぶれとなり、続く4日に発足した新内閣も、自民党の派閥を重視する姿勢がうかがえました。報道によると、岸田首相は党役員人事と内閣改造を2022年9月前半実施で検討に入った模様ですが、岸田首相は「結束が大事」と述べており、今回も党内の派閥に配慮する公算が大きいと思われます。

 

なお、自民党総裁の任期は2024年9月に満了するため、その間、岸田内閣の支持率と派閥の動向が注目されます。日本株の観点からは、支持率安定で総裁再選なら、株価には好材料と考えられます。一方、何らかの理由で支持率が急低下し、総裁選に向けてポスト岸田の動きが加速すれば、派閥再編などを含め政局の不透明感が一気に強まることも予想され、株価の波乱材料となる恐れがあり、注意が必要です。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『自民党の派閥と岸田首相の政権運営という観点からみる「日本株」【ストラテジストが解説】』を参照)。

 

市川 雅浩

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

チーフマーケットストラテジスト

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 チーフマーケットストラテジスト

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。
現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。
著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。
CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

著者紹介

連載【市川雅浩・チーフマーケットストラテジスト】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ