ロレックスは「店頭」と「ヤフオク」どちらで売るべきか【腕時計投資家の見解】

腕時計を売るには、「店での買取」「ネットオークション」等、いくつかの選択肢があります。腕時計投資家の斉藤由貴生氏は「腕時計のタイプによって売り方を変えている」といいます。高く売ることを考えたとき、どのような方法をとればいいのでしょうか。みていきましょう。

【関連記事】ロレックス、パテックフィリップ…入手困難な超人気モデル、驚愕の価格推移

腕時計の売り方…時代はオークションより「買取査定」

自分が持っている腕時計を売るにはいくつかの選択肢がありますが、大きく分けると「腕時計専門店に買い取ってもらう」か、「自らが売り主となって販売する」の2つです。

 

『腕時計投資のすすめ』を書いた2015年時点では、腕時計専門店に持ち込むより、ネットオークションなどで自分で販売するほうが高く売れるケースが多かったのですが、この6年の間で事情がだいぶ変わってきました。

 

今は、ネットオークションの手数料を引いた手取り額よりも、お店の買取価格のほうが高いことが少なくありません。現段階ではお店で査定してもらうのが、最も楽で効率がよいと私は思います。

 

ただし、過去の販売実績がなかったり、相場が形成されていないようなマニアックモデルの場合は、その限りではありません。

 

お店の立場としては、あまりにもマニアックすぎる商品を買い取ってしまうと、いつ売れるのか見当がつきません。長期在庫になるリスク覚悟で買い取りますから、あまり高い金額を提示できないわけです。

 

そのような場合でも、お店で高く売る販売方法があります。それが委託販売です。現在は委託販売に積極的な腕時計専門店が増えてきました。

 

『腕時計投資のすすめ』を書いた頃は、委託販売を頼めるお店はあったものの、あまり積極的ではない雰囲気がありました。

 

委託販売の話を書こうと、私は自分のコレクションを1本、あるお店に持ち込み委託販売を頼んだのですが、その際に出された条件が「当店経由で正規オーバーホールしてからの販売」でした。

 

オーバーホールの代金である約10万円は私が払うわけです。腕時計に何の問題もないのに、売れるかどうかもわからない状態でオーバーホールに出すのは納得がいきませんでした。

 

今はそういった条件を提示されることもなく、気軽に委託という方法を選択できます。ただ、個人的には、委託販売は相場100万円以上の高額なモデルのほうが向いていると思います。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

腕時計投資家

1986年生まれ。腕時計投資家。母方の祖父はチャコット創業者、父は医者という裕福な家庭に生まれるが幼少期に母が離婚。
中学1年生の頃より、企業のホームページ作成業務を個人で請負い収入を得る。それを元手に高級腕時計を購入。
中学3年の時に〝 買った値段より高く売る” 腕時計投資を考案し、時計の売買で資金を増やしていく。高校卒業後に就職し、5年間の社会人経験を経て、筑波大学情報学群情報メディア創成学類に入学。お金を使わず贅沢することのプロフェッショナルとして、「腕時計投資」を推奨している。

著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)、『データでわかる腕時計投資の正解』(イカロス出版)、『もう新品は買うな!』(扶桑社)、『資産価値が上がる腕時計の賢い選び方』(小学館)などがある。

個人サイトはコチラ

著者紹介

連載腕時計投資家が教える!高級腕時計が「資産」として優れているワケ

※本連載は、斉藤由貴生氏の書籍『データでわかる腕時計投資の正解』(イカロス出版)から一部を抜粋し、再編集したものです。

データでわかる 腕時計投資の正解

データでわかる 腕時計投資の正解

斉藤 由貴生

イカロス出版

高級腕時計を購入し、身につけて楽しみ、さらに買った値段より高く売って利益を得る腕時計投資は、売り時・買い時の見極めが重要。腕時計投資歴20年以上、日本ではじめての「腕時計投資家」である著者・斉藤は、腕時計の型番ご…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ