特別公開/庶民と教養のレベルが違う。貴族に真実を話したら…

「魔女の疑いをかけられて処刑されるかもしれない!!」

特別公開/庶民と教養のレベルが違う。貴族に真実を話したら…

何百年の時を経てもなお人々を魅了してやまない「偉大なる魔法(Grande Magic)」、それは“化粧”――!! 化粧品開発職のアラサー女子が18世紀を知力で生き抜く!

 

18世紀――それは貴族と庶民との知識格差が大きく、まさに貴族と平民とでは見えるものがまったく異なる時代だった。

 

そんな貴族階級の在り方がリアルに描かれているのが、現代の理系キャリア女子が18世紀にタイムスリップするという漫画、『ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~』だ。

 

化粧をめぐる新しい角度でマリー・アントワネット時代のフランスを描いた本作より、その一部を紹介する。

 

『ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~』あらすじ

 

大手化粧品会社の開発職として、「知の女神」と呼ばれていたエース、江藤琉花(ルカ)。大きなチャンスを得て上司とともにフランス・パリへ出張に行くが、上司のセクハラまがいの誘いに嫌気がさし、ホテルを逃亡。しかしそこで見知らぬ街へと迷い込んでしまう。

 

なんとそこは、18世紀のフランス・ブルボン王朝時代。

 

使えるお金もなく、窮地に陥る琉花だったが、自称天才髪結師のレオナール・オーティエに助けられ、その見返りとしてレオナールの野望のために自身の技術と知識を貸し与えることになる。

 

パンツスーツという服装と短い髪型から「少年」と認識された琉花は、18世紀の時代を生きるために男の姿を借りたまま生活していくのだった。

 

20世紀の化粧品は「魔法」とすら呼ばれ、順当に評判を上げていたルカたち。しかし、その噂をとある貴族に聞きつけられ、琉花は誘拐されてしまう。その貴族は琉花の性別を瞬時に見抜き、ゆさぶりをかけてくるが――?

 

 

【最初から読む】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにオススメのセミナー

    ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~

    ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~

    みやの はる(著)
    堀江 宏樹(企画・原案, 監修)

    KADOKAWA

    知力と技術で貴族社会をのしあがれ! [化粧]×[歴史]の本格派タイムスリップ浪漫! 大手化粧品会社の開発部で着実にキャリアを築いていた琉花(ルカ)は出張先のフランスで18世紀、パリにタイムスリップしてしまった。…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ