【医師が警告】「いびき」と「日中の眠気」が暗示する命の危険 (※写真はイメージです/PIXTA)

睡眠時間は足りているはずなのに日中眠くなる、よく「いびきをかいている」と言われる……こうした症状は「睡眠時無呼吸症候群」の特徴です。この睡眠時無呼吸症候群は、重度であっても自分では気づいていない人も多いと、しらい健康クリニック泉中央の白井勇太院長は言います。健康な人と比べて交通事故を起こしやすかったり、放っておくとさまざまな病気を引き起こしたりする睡眠時無呼吸症候群。命の危険から身を守るため、症状の特徴や対処法についてみていきましょう。

【関連記事】スタンフォード大医学部教授が指南「誰でもぐっすり眠る方法」

さまざまな病気を誘発…睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群というのは、その名前のとおり、睡眠中に呼吸が頻繁にとまってしまう病気です。

 

呼吸がとまれば当然酸欠になりますから、本人は眠っているつもりでも熟眠できていません。

 

そのため、日中に眠気を感じることが多くなります。居眠り運転で交通事故を起こした人が、この睡眠時無呼吸症候群だったというニュースは目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

睡眠時無呼吸症候群は交通事故だけではなくさまざまな病気を引き起こすことが分かっており、非常に怖い病気です。

 

しかし、寝ている間のことなので本人には自覚症状がない場合も多く、知らぬ間に睡眠時無呼吸症候群になってしまっている人も多いのです。

 

かなり重度の睡眠時無呼吸症候群なのに、自分では「熟睡できている」と言う人も結構います。

 

家族に「いつもいびきをかいているよ」と言われたり、睡眠時間は足りているはずなのに日中に眠気を感じるようであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群は、どのような人がなりやすいか

ではどのような人が気を付けなければいけないかというと、一般的には太っている人がなりやすい病気です。

 

太ると舌や首の回りの脂肪が気道(空気の通り道)を圧迫してしまいます。また胸の周りの脂肪も、横になると肺を圧迫して呼吸を邪魔するのです。

 

ですから、肥満体型の人は要注意です。ただ、太っていなければ安心かというとそうでもありません。

 

一見痩せている人でも、筋肉が少なく内臓肥満になってしまっている、いわゆる「隠れ肥満」の人もいますし、生まれつき無呼吸症候群になりやすい骨格の人もいます。

 

特に顎が小さい、顎が浅い(※)人は睡眠時無呼吸症候群になりやすい傾向があります。

※横から見たときに首とあごの先端の距離が短いことです。顎が浅い人は、太っているわけでもないのに下を向いたときに二重顎になりやすいのが特徴です

 

また、脳や神経の異常で呼吸がとまってしまう人もいます。ですから、普通や、やせ体型の人でも、夜中にいびきをかいていたり、日中に眠気を感じたりするようであれば、やはり睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

 

しらい健康クリニック泉中央 院長

日本糖尿病学会 糖尿病専門医
2002年に麻布高等学校、2008年に東北大学医学部を卒業後、東北大学病院糖尿病代謝科に入局。2014年には医学博士を取得し、仙台市立病院、富谷中央病院を経て、2020年9月2日に「より早い段階から生活習慣病の患者と関わり、病気を発症してからの治療ではなく、病気にならないための予防を重視した医療を行いたい」との思いから、糖尿病を始めとする、生活習慣病を専門に扱う『しらい健康クリニック泉中央』を開設。

●しらい健康クリニック泉中央HP:https://shirai-kenko-clinic.com/

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ