騙されてはいけない!不動産業者がよく使う「おいしい言葉」 (※写真はイメージです/PIXTA)

「早期退職をして不労所得で暮らしたい」と考えたことがある人なら、「不動産投資」を検討したことがある人は多いと思います。しかし、不動産会社のなかには、あの手この手を使って投資用物件を販売してくる業者もあります。本記事では、そのような業者に騙されないために、不動産会社がよく使う「おいしい言葉」を紹介します。※本連載は、石田昇吾氏の著書『人生100年時代の着実なお金の作り方 最も堅い資産形成術と税対策』(総合法令出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「新築の投資用物件」は、寿命が長くて得なのか?

不動産業者は投資物件を売りつけるために、「おいしいこと」をいろいろと言ってきます。間違っても、自分たちにとって都合の悪いことは言いません。ここでは、騙されやすい言葉を取り上げていきます。

 

■「この物件は新築ですから寿命が長いので損はしませんよ」

 

「物件寿命が長いからローンも長く設定できる」「長期的に見れば決してマイナスにはならない」という言い方をしてきます。

 

投資をする側も「ワンルームマンションなら自分でも買えるかな」と思ってしまうのがミソです。ワンルームマンション投資は、手軽に始められる分、罠も多いのです。

 

また、マンションの価値は新築時が最大です。築年数が経つにつれて価格は下がっていきます。わざわざ一番高いときに買う意味はないと思いませんか? 特に新築の場合、本来の価格に500万円から1000万円程度が上乗せされていると思ったほうがいいでしょう。

 

■「投資用不動産を持つと、節税になりますよ」

 

結論から言うと、節税になるのは1年目だけです。それもその人の給料額にもよるので、「確実に1年目は節税になる」とも言い切れません。せいぜいその節税した額で、不動産を取得したときにかかる「不動産取得税」という税金を払えるくらいです。

 

「減価償却費があるので節税になる」と業者は言いますが、減価償却をするのは建物だけです。土地は減価償却をしないので、家賃収入よりも減価償却費が上回るということはありえません。

 

ついその気になって投資用物件を買ってしまうと、2年目からは追加で納税をしなければならない羽目に陥ってしまいます。

 

■「生命保険代わりになりますよ」

 

投資用不動産のローンを組む場合、団体信用生命保険に加入することになります。「あなたが亡くなったとき、そこから保険金が下りてローンの支払いがなくなる。だから今現在入っている生命保険を解約して、その分をローンに回せばこの物件が買える」という文脈で使われることが多いようです。

 

しかし、冷静に考えると変な話です。なぜ今、入っている保険を解約してまで、借金を背負わなくてはいけないのか。通常の生命保険であれば、いつでも解約できますが、不動産は簡単に売れません。不動産業者はあの手この手で売りつけようとしてきます。ご用心を。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

クライサー税理士法人 代表税理士
株式会社TAXプラス 代表取締役

1981年生まれ。明治大学商学部卒。学生時代に税理士を志し、2005年に都内準大手税理士法人に入社。
不動産や医療など幅広い分野に従事し、金融の知識を幅広く身につける。2007年税理士登録。
中小事業者に対するサービスに特化するため、2011年に個人事務所を設立。
通常の税務会計業務のみならず、財務の目線や顧客の資産形成の観点に立ったサービスを展開する。
2012年には、資産コンサルティング会社を設立する。2016年より個人事務所も法人化し、代表社員に就任。
現在も、幅広く税理士業務に従事している。

著者紹介

連載人生100年時代の「着実なお金の作り方」

人生100年時代の着実なお金の作り方 最も堅い資産形成術と税対策

人生100年時代の着実なお金の作り方 最も堅い資産形成術と税対策

石田 昇吾

総合法令出版

書店には資産運用に関する多くの書籍が並んでいます。 しかし、すぐにお金が貯まるかのような幻想を抱かせたり、「株」「不動産」と特定分野に偏っていたりします。 本書は投資初心者にもわかるよう、中立・包括的な資産運用…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧