「全然売れない商品」が「確実に売れる商品」に変わる“考え方”

なかなか売れない商品やサービスを買ってもらうには、どうすればよいのでしょうか。ビジネスの結果を大きく変える「考え方」のヒントをご紹介します。※本連載は、大林 誠一氏の著書『使命に生きる』(かざひの文庫)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

3日間で合計50万円分の売上をつくった「考え方」

目的と手段を混同してしまう人がいますが、常に見失ってはいけないのは目的のほうです。

 

大学1年生の夏休み、地元のデパートでアルバイトをしました。仕事内容は、ピーナッツやスルメなどが入ったお盆用の珍味を3袋1000円で販売すること。1袋398円、3袋買うと1000円です。

 

最初は真面目に売っていましたが、なかなか売れません。「試食があればいいのに」と言われることもありました。販売していると、1袋で買っていく人も多くいました。

 

お店の責任者はおらず、わたしひとりだけ。1袋で買っていく人の数を数え、6袋売れればだいたい1袋が無料になるという計算をしました。

 

そこで、12袋売れたら2袋はサンプルで出していいと勝手に判断し、「おいしそうね」と言ってくださった方には、その場で袋を開けて、「どうぞ、食べてみてください」と試食販売を開始。

 

すると、お盆の3日間で50万円ほどの売上になりました。

 

当時は、試食販売が普及していない時代でしたが、とても評価していただくことができました。

 

その頃はわたしも若かったので、女性のお客様が「こんなに男前のおにいちゃんなんだから買ってあげなよ」と、お客様がお客様をどんどん紹介してくださって、おもしろいように売れていきました。こんなうれしい誤算もあり、冬のアルバイトにも呼んでいただけることになったのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「売る」という目的を果たすためには販売の「手段」を柔軟に変えていいということを実感した出来事でした。

 

どんな仕事にも目的があります。ところが、手段にとらわれすぎて、目的からどんどんずれてしまうことも珍しくないのです。

 

どんなときも「目的は何か」を考え、行動する。これだけで、大きく結果が変わります。

「高額すぎて売れない商品」を買ってもらうには?

九州にあるテーマパークで働いていたことがあります。会社のあらゆる課題を解決する立場として入社しました。言い換えれば、社長も含め、その会社の社員ができないことをする、というのがわたしのミッションでした。

 

その現場が抱えていた課題のひとつに、自社で開発した1箱7000円のクッキーが売れないというものがありました。

 

クッキーに配合されたきのこの成分が脳の活性化を促すので、記憶力アップにつながるというもので、簡単に言うと「頭のよくなるクッキー」というなんとも奇想天外なコンセプトです。テーマパークという場所柄もあって、7000円という高額商品はまったく売れません。

 

わたしに課されたのは、このクッキーを売店で売るという難解なミッションです。当時、売店のひとりあたりの客単価は、平均1000円程度…。「さあ、どうしたものか…」頭をひねらせた結果、わたしはあることを思いつきました。

「どうしたら買いたくなるか?」を考えれば絶対売れる

まずわたしがしたことは、クッキーを箱から出して、売店に訪れた子どもたちに「試食」と称して食べてもらうこと。「さあ、どんどん食べていいよ」と勧めると、「おいしい!」とみんな喜んで食べるのです。

 

そうすると、一緒に来ている親御さんやおじいちゃんやおばあちゃんが見に来ます。そこで、はじめて商品説明をします。

 

「脳の活性化にいいクッキーで、続けて食べたほうがいいんですよ。ただ、1箱すべて買うと高いので、興味があるならバラ売りもします。1個150円で売っていますので、続けて食べられるかどうか、お子さんの様子を見てからのほうがいいと思います。よく考えてから買ってください。高いですからね」

 

デメリットであった「高い」という言葉を、何度も何度も伝えたのです。

 

すると、おじいちゃんが子どもに「これ食べられるの?」と聞きます。こちらはおいしいと言ってもらえるように、たくさん試食してもらっているので、子どもは「うん、おいしい!」と答えてくれるわけです。

 

そうすると、じゃあ「3箱ちょうだい」と買ってくださる。これを繰り返したところ、コンスタントに毎日何箱かかならず売れていきました。

 

20代くらいの若いお客様には、「シャレで頭のよくなるクッキーはどうですか?」とおすすめしました。

 

すると、「おもしろいからお土産にしよう」と買ってくださることも。若い世代の人は、ちょっと高くてもおもしろければ食いついてくれるのです。

 

この1箱7000円のクッキーを販売してからは、会社からも信頼していただき、販売の教育も任せてもらえるようになりました。最終的には、1日1万円だった売店の売上を10万円にすることができました。

 

わたしが実践したのは、「どうしたら買いたくなるか?」。お客様の立場と心理を徹底的に考えること。それだけです。それをクリアすれば、確実にものは売れるのです。

 

 

大林 誠一

シーアンドシー株式会社 代表取締役

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

シーアンドシー株式会社 代表取締役 

1992年、久留米大学卒業後、一部上場企業のバスケットボールチームに実業団入りした後、地元の電子部品メーカーにて、専務秘書となる。

不動産販売にも携わった後、省エネ機器のトップメーカーから声がかかり、全国代理店営業のトップセールスマンとして活躍。その後、新しい仕組みづくりを構築し、事業を全国規模に。

このとき、街の不良グループたちを更正させ、結果を出す営業マンへと成長させる。札幌市内で起業してからは、大手通信教育会社の新規教材開発や電話応対のオペレーション業務受託をはじめ、経営コンサルティングや飲食業の企画運営などに取り組み、東京、福岡でもビジネスを展開。洞爺湖サミットでは、環境省主催のエコパビリオンの運営管理を受託。

2016年にシーアンドシー(株)設立後は、太陽光発電事業や実務交渉サポートのほか、かならず結果をだす経営コンサルティングと、後進の育成にも力を入れている。

【シーアンドシー株式会社:https://cc-hp.jp/

著者紹介

連載使命に生きる~逆境を力に変えるヒント

使命に生きる

使命に生きる

大林 誠一

かざひの文庫

逆境を力に変えて生きる52のヒント。 触れてきた業種は30以上。波瀾万丈な人生を経て使命を見出した著者が贈る、自らの人生を全うするための心得とは? 伸び悩んでいる人、いままさに逆境の渦の中にいる人、本来の自分を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!