年金の受給開始は「68歳」がベストである理由…専門家が解説

人生折り返し地点を過ぎると、定年退職や相続、年金受給など様々なイベントが発生します。しかし、事前に把握しておけば、いざというときでも対処できます。今回は、60歳から70歳までの間に受け取りが開始できる年金は、何歳から受給するのがベストなのかを探っていきます。※本連載は、横手彰太氏の著書『老後の年表 人生後半50年でいつ、何が起きるの…? で、私はどうすればいいの??』(かんき出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

60歳でもなく、65歳でもなく、「68歳」

(※写真はイメージです/PIXTA)
何歳から年金を受給すればいいの?(※写真はイメージです/PIXTA)

 

年金で少しでも得をする方法があります。それは「年金の繰り下げ受給」を利用すること。意外に知られていないのですが、年金は原則65歳から受給ですが、60歳から70歳の間で、いつ受給を開始するのか自分の意志で選べるのです。

 

「もらえるものは、さっさともらおう」とお考えのあなた、国はそう甘くありません。60歳からの場合は、年金の受給額が3割もカットされます。20万円を65歳からもらう予定の人は、14万円となり6万円も減ります。これでは4番バッターから7番に降格です。

 

とはいえ60歳で再就職も決まらず、ローンの残債がまだ多くあれば、やむなく受給したいというのもわかります。実際、60歳から受給する人が3割もいます。

 

でも76歳まで生きれば、65歳からもらったほうが得になります。平均寿命で考えれば男性でも80歳以上ですから、ほとんどの人は65歳以降から受け取ったほうがいいのです。

 

一方、受給開始時期を1ヵ月先延ばしするごとに、年金額が0.7%増えます。最大70歳まで延ばせば、年金受給額は42%もアップするのです。これは亡くなる時まで、永久に続きます。

 

65歳開始で年金受給額が20万円であれば、70歳開始なら年金額は28.4万円、実に月額8万円以上アップします。8万円もあれば夫婦で毎月温泉旅行に出かけることも可能ですよね。

 

このように、人生100年時代であることを考えれば、最大限の延期を検討することも効果的です。とはいえ現実的には、60歳の定年退職から年金受給開始までの生活費を工面する必要があります。貯金を取り崩したり、新たに働きに出たり、他の不労収入でカバーするといった具合です。

 

さらに2022年4月からは、75歳まで先延ばしが可能に。年金受給額は1年あたり84%の増額です。

 

筆者のお勧めは、ズバリ68歳からの年金受給。65歳からもらうという選択をすると、65歳から一気に働く意欲・習慣が減退します。マラソンでもゴールテープが見えると気持ちが一瞬緩みますよね。65歳より少し先の68歳をゴールにあえて設定する戦略です。

 

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社日本財託 老後問題解決コンサルタント

1972年生まれ。オランダ、スペイン、北海道のニセコなどを転々とし、現在は東京在住。

海外・国内と様々な地域で暮らすことで、老後の生活スタイルについて、各地で異なる様子からも考える機会に恵まれた。相続など資産の問題をはじめ、数多くの老後問題に遭遇、解決に導いてきた。特に家族信託のアドバイスに定評がある。

1000人以上から相談を受け、250組以上の家族会議にも参加し、のべ79億円以上の財産管理をサポート。顧客は、30億円所有の資産家、医師、元国会議員、大学教授、農業を営む方まで幅広い。

NHK『クローズアップ現代+』(2回出演)、テレビ朝日『ワイド! スクランブル』をはじめ、メディアに多数出演。

著者紹介

連載老後問題解決コンサルタントが教える!「人生100年時代」を生き抜く方法

老後の年表 人生後半50年でいつ、何が起きるの…? で、私はどうすればいいの??

老後の年表 人生後半50年でいつ、何が起きるの…? で、私はどうすればいいの??

横手 彰太

かんき出版

老後は多くの問題が降りかかってきます。 ただ、 問題が何歳頃に、どんなふうに起きやすいのかを知っておけば、事前に対策が立てられて、被害を小さくすることができる 場合もあるのです。 そこで 本書では、「老後の年表」…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧