安全な白内障手術のために欠かせない「術前検査項目」10個

白内障は、60代で約80%、80代でほぼ100%と、だれもが罹患する病気です。しかし、甘く見て放置していると、その裏で深刻な病気が進行しているケースもあるため注意が必要です。本記事では、白内障の手術を検討している人に向け、手術前の検査項目について平易に紹介します。※本連載は、渡邊敬三氏の著書『誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

白内障手術の「手術前検査」…主な目的は3つ

白内障手術に関わる検査は主に、手術に先立って行う「術前検査」、手術中に行う「術中検査」、手術後の眼の状態を確認する「術後検査」の3種類です。ほかに手術直前の血圧測定などもありますが、これは手術による緊張で血圧が上がってしまう方がいるために行うものです。

 

このうち、誤差のない正確な手術を遂行するために重要なのは、「術前検査」と「術中検査」の二つです。ここではまず、「術前検査」についてご説明しましょう。

 

手術前検査には、いくつかの目的があります。まず「水晶体の濁りの度合いや位置を確かめる」ことが最も基本的な目的です。手術で切除すべき〝敵〟の状況を知る、といったところでしょうか。それらの状態により、手術の難易度も変わってきます。

 

次の目的は「白内障以外の眼の病気がないかどうかを確かめる」ことです。重大な眼の病気があれば、白内障と診断されたときの検査ですでに発見できているはずですが、ここでは手術を想定のうえで再び精査が行われます。

 

例えば眼底や視神経に疾患(病気)が隠れていた場合、白内障手術を行っても視力や、かすむ、二重・三重にダブるといったものの見え方が、思うように回復しないこともあります。

 

そして、最後の目的は「手術前検査により適切な眼内レンズの種類や度数を決定する」ことです。眼内レンズの種類の選択は、基本的に、患者さんが術後にどのような見え方を実現したいかを聞き、眼科医がそれを実現するためにふさわしい眼内レンズを提案して、相談を重ねながら実際に用いるものを決定するという工程で行われます。その際、医師が提案のよりどころとするのが手術前検査の結果と、患者さんに聞いた生活スタイルや、見えるようになったら実現したいことの内容です。

 

例えば、結果によっては「この眼内レンズでは患者さんの希望する見え方が実現しにくい」と判明することがあります。また、患者さんの眼の形状によっては屈折誤差を生じやすい場合があるため、そういうときはデータの読み方を少し変えるといった工夫をすることもあります。

眼球の形状から血圧まで、手術前検査の項目は多数

白内障手術を受けるために必要な手術前検査の項目を挙げてみましょう。

 

 1 視力検査 

 

視力低下は白内障の代表的な症状の一つです。裸眼視力と矯正視力(日常で使っている眼鏡やコンタクトレンズをつけたときの視力)の両方を測定します。

 

両方を測定することにより、患者さんがこれまでの生活でどんな見え方に慣れてきたか、例えば何が見えて、何が見えにくい生活を送ってきたかなどをおおまかに想像することができます。

 

 2 屈折検査 

 

近視や遠視、乱視などの屈折異常があるかどうか、あるならどの程度の強さかを知るために屈折度を調べます。これら視力検査と屈折検査の結果は、手術後にどの位置にピントが合うようにするのが良いかを決める一般的な指標となります。

 

なおピントが合う位置を決める際は、患者さんに「手術前と手術後では、裸眼で見えるものが違ってきますよ」と丁寧に説明します。

 

例えば、単焦点眼内レンズを選んだ近視の患者さんが「裸眼で遠くが見えるようになりたい」と希望した場合、もしかすると「近くは今までどおりよく見えて、そのうえ遠くも見えるようになる」と勘違いしているかもしれません。ですから、念のため「今まで裸眼で見えていた近くのものが、老眼鏡を使わないと見えにくくなってしまいますが、それでもよろしいですか?」と確認するようにしています。

 

 3 眼圧検査 

 

簡単にいうと、眼の硬さを測定する検査です。眼球は球形を維持するために、常に一定の内圧を保っていますが、その眼圧が正常な範囲内であるかを調べます。緑内障の方であれば、手術の影響で眼圧が下がることもあるので、手術前の点眼の本数を減らせる場合があります。

南大阪アイクリニック 院長

近畿大学医学部を卒業後、同眼科学教室に入局し、府中病院(和泉市)にて勤務。オーストラリア・シドニーでの研究留学などを経て、帰国後は同大学病院眼科にて医学部講師として、白内障外来および角膜・ドライアイ外来を担当する。

前身の平木眼科を2016年に継承ののち、2018年に南大阪アイクリニックに名称を変更。最新の技術や医療機器を導入し診療に従事。海外ボランティア活動のほか、白内障や白内障手術の正しい情報を発信するオウンドメディア「白内障LAB」の監修も行っている。

【南大阪アイクリニック】 http://www.shoyokai.or.jp/
【白内障LAB】 https://www.hakunaisholab.or.jp/

著者紹介

連載術後に後悔しない「白内障治療」のすべて

誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療

誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療

渡邊 敬三

幻冬舎メディアコンサルティング

手軽に白内障手術を受けられる時代だからこそ正しい知識とクリニック選びで、術後の視力は劇的に変わる! 患者一人ひとりのQOL(生活の質)の向上こそが白内障治療の最大の目的である。 「最善の白内障治療法」を日々追…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧