バイオ医薬品業界は、パンデミック阻止に向けた対応を強化

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社、マーケットレポート・ヘッドライン。日々のマーケット情報を専門家が分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、バイオ医薬品業界が注目を集めています。世界的な大流行(パンデミック)に決定的な打撃を与えることが出来る企業はあるでしょうか?

 

バイオ医薬品業界は、各種の画期的な技術や大量のデータを活用し、新型コロナウイルスとの闘いの最前線で奮闘しています。

 

勝利に繋がる最も明らかな道は、ワクチン開発だと思われますが、この点では、ある程度の期待が持てると考えます。恐らく最も有望なのは、「伝令リボ核酸(メッセンジャーRNA)」で、ここでは、実質的に、人体が、ワクチン製造の「バイオ・リアクター(生体触媒を用いて生化学反応を行う装置)」として使われます。ワクチンの製造工程では、ウイルスたんぱくの合成に必要な分子テンプレート、即ち、伝令リボ核酸が細胞に与えられ、合成されたウイルスたんぱくは抗体産生の誘因として作用します。

 

メッセンジャーRNAは非常に巧妙であることが知られているものの、治験は全く行われていません。最初の難関は十分に強力な抗体反応を創ることであり、現在、フェーズ1治験で検証が行われているところですが、問題は、検証だけをとっても1年を要することです。従来型のワクチンはより短期間で開発される可能性はあるものの、最短でも1年程度かかるかもしれません。

 

出所:ピクテ・アセット・マネジメント
[図表]タイプの異なるワクチン開発 出所:ピクテ・アセット・マネジメント

 

開発規模は小さくとも、より短期間で実現が可能だと考えられるのは抗体治療です。一部のバイオ医薬品企業が新型コロナウイルス抗体を実験室で製造していますが、こうした抗体は、マジックテープなどの面ファスナーのように、ウイルスの表面に付着して、ウイルスが細胞と結合し体内に拡散することを阻止するための中和剤として設計されたものです。抗体が開発されれば、(高齢や既往症がある等、)最もリスクの高い人に予防薬として投与することが可能ですし、患者の治療にも使えるかもしれません。

 

抗体製造の代替となるのは、新型コロナウイルスから回復した患者の血漿から採取する抗体で、2003年に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)の治療では一定の効果をあげています。

ウイルスとその影響に焦点を当てた研究開発

ワクチンや抗体の開発と同時に、新型コロナウイルスを抑えるための各種の治療薬の開発あるいは既存薬の適用拡大が検討されています。最も優先順位が高いのは、体内でのウイルスの複製を阻止あるいは抑制する抗ウイルス薬ですが、開発が最も進んだ段階にあるのが、ギリアド・サイエンシズ(米国)のレムデシビルです。当初は静脈注射で投与する、エボラ出血熱の治療薬候補として開発されたものの当局の承認を得るに至らず開発が中断されていたのですが、現在、新型コロナウイルスの感染初期段階の治療薬候補として治験が進んでおり、4月中にも結果が発表される予定です。

 

ウイルスの感染後期に発症するより重篤な合併症治療には別の分野での研究が行われています。

 

疾病の早期発見あるいは効果的な予防がなされなかった場合には、免疫システムが過剰反応を起こし、身体を攻撃し始める可能性があります。リジェネロン・ファーマシューティカルズ(米国)のケブザラ(サリルマブ)が一例として挙げられますが、疾病後期の治療薬が目指しているのは、インターロイキン6(IL-6)受容体の阻害を通じた免疫過剰反応の抑制です。

リスクと投資の好機

とはいえ、バイオ医薬品業界がフル稼働できるというわけではありません。他業界と同じく、新型コロナウイルスの封じ込めを図って講じられた様々な施策の影響を被っているからです。人を被験者とした治験は、移動規制のために困難となり、多くの場合、遅れが生じています。対面型のマーケティングが出来ないことから、新薬の商業化にも遅れが生じています。一方、医薬品製造には、工場閉鎖や原料不足の影響が及んでいます。イブプロフェンを例に取ると、主要製造拠点の幾つかは、(武漢を省都とする)中国の湖北省や(ミラノを州都とする)イタリアのロンバルディア州に置かれています。加えて、設立からの日が浅く、事業基盤が確立していないバイオ医薬品企業にとっては特に重要な新規の資金調達が、金融市場の緊張によって困難となる状況が予想されます。

 

最後に注目されるのが、新型コロナウイルス治療がニュースの見出しを飾り、投資家心理が改善されたとしても、企業側は、薬価設定を可能な限り低位に抑えざるを得ないと感じており、従って、治療薬が、そうあるべきであったとしても、企業利益に貢献する大型新薬にはならないだろうということです。

 

投資対象としてのバイオ医薬品セクターには、株価が上下に大きく振れる傾向が見られます。医薬品開発は成功することがあると同時に失敗する可能性もあり、特許権(パテント)を取得する企業があれば期限切れが到来する企業もあるからです。とはいえ、過去を振り返ると、バイオ医薬品セクターは市場の動揺時や(2008年~2009年の金融危機時を含む)景気後退(リセッション)局面をうまく乗り切ってきました。これは、医薬品需要が景気循環に左右され難いという特性を有するからです。

 

 

※記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。

※データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『バイオ医薬品業界は、パンデミック阻止に向けた対応を強化』を参照)。

 

(2020年4月24日)

 

 

投資家ご本人が、自ら考え、選び、投資をするプロセスを徹底サポート!
幻冬舎グループのIFAによる
「資産運用」個別相談会

 

 

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…
この現実から抜け出すには?

 こちらへ 

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケット情報

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧