別れた夫からの「子どもに会いたい」…どう応じたらよいか

今回は、子ども連れで離婚した女性からの相談です。別れた夫が「子どもに会いたい」と言ってくるのに対し、相談者はできるだけ会わせたくないと考えています。どのようにしたら、よいのでしょうか。この質問に、世田谷用賀法律事務所の代表者、弁護士の水谷江利氏がお答えします。

 

法律で解決できること=人生においてハッピーエンドか」

 

必ずしも、そう言い切れないのが世の常です。権利を獲得し、お金で解決することができたとしても、それが結果、長い目で見たときに良かったかどうか…。

 

渦中にいると、じつは見えにくいものです。水谷弁護士がクライアントから相談を受けている際、よくある法律相談の中から、「法律外」の話を取り上げます。

法律には書かれない“実際”のところ…「面会について」

■相談内容

離婚した夫が「子どもに会いたい」と言ってきます。私の気持ちはできるだけ会わせたくないのですが…、どう思いますか?

 

■水谷弁護士の考え

 

子どもに全く無関心な男性もいる中で、「子どもに会いたい」と言ってくれているなら(虐待などの疑いがない限り)素直に会わせてあげたら?と、私は思います。

 

これは「離婚しても、両方が親だから」と言った理念にもとづいた考えではなく、単に子どもの将来の可能性を考えた時に「出資してくれる人がもう1人いたほうが心強い」と考えるからです。

 

この先、子どもを私立に行かせたい、留学させたいなど進路のことや、旅行や日々の習い事まで…自分だけですべてを背負うのは大変ですが、2人いると可能性は広がります。

 

しかし、これまで一切会わせていなかったのに「突然、私立に行かせたいので…」とお願いしても、相手からしてみると「そんな急に言われても、都合が良すぎないか?」と思われても仕方ありませんよね。

「子どもが取られてしまうのでは?」と不安に思うが…

実際「子どもを別れた夫に会わせたくない」という人も多いです。その理由の多くは嫌がらせなどではなく、本人の心情的な部分でが多いと思われます。「子どもが取られてしまうのでは?」と不安に思ってしまうようです。

 

しかし、私も子どもが2人いますが、夫とは籍を入れていませんので、気持ちはよくわかります。相手の方へ行かれている間は、確かに悶々とはしてしまいますが、娘は普通に笑顔で帰ってきますし「お父さんと暮らしたい」と、言い出すこともありません。娘のほうがよくわかっているので、両方に良い顔をして普通に帰ってきています。

 

自分の損得勘定よりも、大切なのは子どもの将来
自分の損得勘定よりも、大切なのは子どもの将来

 

一方で「父親ばかり良いとこばかり持っていってずるい」「楽な部分だけ持って行くのが許せない」と思う人もいるかもしれませんが、そこは疑問に思います。そんなに対等じゃなきゃいけないでしょうか?

 

向こうは向こうなりに大変なこと、辛いこと、さみしいこともたくさんあると思います。そんな自分の損得勘定よりも、大切なのは子どもの将来です。子どもと父親がつながってさえいれば、子どもが何かしたい!となったときの可能性はぐんと広がると思いますよ。

 

水谷 江利

世田谷用賀法律事務所 弁護士

世田谷用賀法律事務所 代表 弁護士

東京都立大学卒業後、新卒で大手弁護士事務所に入社、渉外企業法務を志して弁護士に。「もっと人の人生の近くで仕事がしたい」との思いから、2015年世田谷用賀法律事務所を開所。現在は個人の相続、離婚、不動産を中心に、国際離婚や企業顧問なども多く取り扱う。英語対応可能。東京弁護士会所属。東京都世田谷区所在。 https://setayoga.jp/aboutus.html

著者紹介

連載世田谷の家事弁護士が監修!実例では描けない相続&離婚ショートストーリー

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧