長男いわく、「痴呆の母が遺言書を残していた」…本当に?

誰でも一度は経験するであろう相続。しかし、「争続」の言葉が表すように、相続に関連したトラブルは尽きない。なかには、生前の対策によっては避けられたであろうトラブルも多く、相続を見越した行動が求められる。本記事では、法律事務所に寄せられた相続事例を紹介する。

発見された遺言は「長男に著しく有利な内容」だった

【亡くなられた方】滋賀花子(母親、配偶者はすでに死亡)

【相続人】滋賀太郎(長男)、大津びわ子(長女)、滋賀次郎(二男)

【財産(遺産)】土地数筆、預貯金

【その他】遺言書有

 

<相談内容>

 

母である滋賀花子が亡くなり、長男が「遺言書を発見した」といってきました。しかし、その内容は長男に著しく有利なものでした。

 

しかも、メモ用紙に走り書きしたものですし、筆は踊っています。書かれた日時をみると、母がすでに痴呆症で、自分の名前もいえないときのことです。無理に書かされたに違いありません。

 

また、母が亡くなる前に、長男は一定の不動産を自分のものへ名義変更していました。このような、おかしなことばかりがあるなか、長男は遺言書のまま遺産分割を進めようとしています。納得できません。何とかしてほしいです。

 

メモ用紙に走り書き、筆は踊っている…
メモ用紙に走り書き、筆は踊っている…

相続財産の調査と、弁護士照会による情報を洗い出し

<解決方法>

 

相続財産の調査を行うと同時に、裁判所にも協力いただき、弁護士照会による情報の洗い出しを行いました。

 

当職らが代理人になったこと、遺言の内容に関わらず公平に分割したいこと、特別受益を受けていることを内容とした文書を、長男・滋賀太郎に対して送付しました。滋賀太郎と電話で話すことが出来ましたが、当方の主張がまったく伝わらず、相手の主張を一方的に述べるのみで話し合いになりませんでした。それと並行して、相続財産の捜索を始めました。

 

滋賀太郎は、そのまま手続きを進めるため、遺言の検認手続きをしてきましたので、家庭裁判所へ行き、当職らも立ち会いました。遺言の内容は、遺留分を考慮したギリギリのもので、ミミズが躍ったような字でありながら、表記方法は分数を使うなどかなりしっかりしており、母・滋賀花子の病状からは整合性がとれないものでした。

 

引き続き当職らは、滋賀太郎に対して話し合いによる解決を試み続けましたが、あまり効果がなく、仕方なく裁判所の手を借りることにしました。弁護士会照会によって、銀行口座の異動明細、証券会社の取引履歴、滋賀花子のカルテ(治療経過、痴呆症の程度を確認するため)等を洗い出しました。

 

遺言を無効とすることを前提として、遺産総額を洗い出し、ほぼ公平に分割ができました。特別受益については、滋賀花子の夫からの名義変更も多々あり、多少こちらが譲歩しました。

 

調停にはなりましたが、合意が得られたこと、依頼者が満足していただいたことはとてもよかったです。

 

 

弁護士法人 あい湖法律事務所 弁護士

滋賀県生まれ、関西大学総合情報学部卒業後、パチプロをしてたことで、パチンコメーカーに就職し、新商品の企画開発に5年間携わる。
勤務中、土地家屋調査士の資格を取得し、独立を目指し司法書士の勉強を始め、退社後、合格。司法書士業務をするも、より質の高い法的サービスを提供したいとの思いから、弁護士を志す。
司法試験合格後、大阪で研修を経て、あい湖法律事務所を開業。2019年11月、現在、法人化し、東京都千代田区、大阪府高槻市、滋賀県大津市、の3拠点、弁護士10名が所属する法律事務所となる。
一般企業での会社員経験と定期的に国内外の優良企業を視察して得られた知識経験を生かしたコンサルタント色のある提案が多くの企業に喜ばれて、多数の企業を顧問に持つ。

弁護士法人 あい湖法律事務所:https://aiko-lawoffice.jp

著者紹介

連載相続問題に強い弁護士が伝授!「遺言・相続」解決術

本連載は、「弁護士法人 あい湖法律事務所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧