買取価格低下、規制強化…本当に「太陽光発電は終わった」か?

「太陽光発電は終わった」。買取価格の低下や太陽光関連会社の倒産増加のせいか、そんな声をよく聞くようになりました。しかし実際には、購入希望者はむしろ増えているのです。このタイミングだからこその太陽光発電投資のメリットについて、あらためて検証します。本記事では、多くの太陽光発電の設置・運営に携わり、クリーンエネルギー業界に精通する筆者が、太陽光発電の商品性や優位性を解説します。

2009年から10年間、購入希望者は増えている

ここ数年、「太陽光は終わった」「いまさら太陽光?」などのネガティブな言葉をよく耳にする。確かに買取制度が施行され、太陽光発電が注目されていた時代は「終わった」。産業用太陽光の買取価格は40円、36円、32円・・・14円と年々低下し、太陽光関連会社の倒産件数も年々増加した。

 

買取費用の増大による国民負担増加、台風、地震などの災害時の太陽光設備倒壊報道も、太陽光への印象を悪くしているかもしれない。実際、今年の台風15号、19号等によって、太陽光設備には甚大な被害があり、パネル破損、パワコン冠水なども見受けられた。このような状況を見て、太陽光は「終わった」と言われているのではないかと思う。

 

しかし一方で、私が太陽光に携わることになった2009年から現在までのおよそ10年において、その間ずっと「太陽光を買いたい」との相談は増え続けている。

太陽光の優位性を知る人ほど、投資姿勢は積極的

産業用太陽光の買取開始時期には、普及のためか、グリーン投資減税などの即時償却税制優遇があり、中小企業などは節税を目的とした太陽光投資を行っていた。やがて、発電がしっかりしている点や、ボラティリティも少なく安定していることが確認できると、利回り商品として注目されるようになった。

 

FITによる国の20年間買取制度が背景にあり、円建てで為替リスクもなく、表面利回り10%以上あれば、金融商品としても十分魅力的である。

 

最初は胡散臭く見ていた銀行等も積極的に融資を行ったことから、「太陽光バブル」などと言われる状況にまでなった。

 

太陽光を買いたいとの相談は増え続けていると上述したが、これはほかの太陽光業者でも同様の状況にあるようだ。知り合いの業者からは、「太陽光は作れば売れるため、販売営業はあまり必要なく、土地の仕入れなど案件組成に注力している」とも聞いている。初期の頃は、参入しやすく、儲かるとの話から、怪しげな業者も存在したが、買取低下、規制強化などで淘汰されたことも、業界再編としてよい方向に作用しているとの意見もある。

 

自然災害、盗難、天候不順など、確かに不確定要素は多く、人知の及ばないこともあるかもしれない。しかし、昨今の停電などの災害時に太陽光発電で自家発電できて助かったという声もあり、金儲けだけではなく、地球温暖化防止、地域貢献、家族の安全確保といった側面もあるのではないかと考えている。

 

冒頭の「太陽光は終わった」「いまさら太陽光?」と言っている方ほど、太陽光を所有していない、理解していないことが多く、太陽光の優位性を理解している既存のオーナーは、よい案件があればまだまだ積極的に投資したいと考えている。

太陽光を事業ベースにしたことで、事業承継が成功

以前、古くからのオーナーで会社経営をしている社長から、高齢となり病気も患ったため、息子に会社を任せたいが頼りなく、なにかよい対策はないかと相談を受けたことがあった。

 

もちろん不動産も所有しているし、銀行からは事業承継の提案を受けていたが、社長自身は、不動産は見通しが難しく、外貨を運用する商品等はリスクが高いと考えていた。

 

そこで上記の太陽光の商品性を理解いただいた結果、不動産のような空室リスクや住人トラブル、大規模修繕も必要なく、為替リスクに晒されることもない太陽光発電を、息子さんの代の事業ベースにすることを決意した。

 

その後、数年経過しているが、幸いにも本業は順調で、太陽光設備も同じく順調に稼動している。先代の社長からの、「太陽光という土台があったからこそ、息子も安心して経営に取り組めたのかもしれない」という言葉が、いまも印象深く胸に残っている。

 

 

難波 透

株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング

クリーンエネルギー室 室長

 

 

 

株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング クリーンエネルギー室 室長

安藤証券株式会社、内藤証券株式会社にて個人・法人に対する株式・投信等の営業、株式ディーリングなどの証券業務に従事。
その後、太陽光発電事業を行う大手上場企業にて、太陽光パネル等の卸販売、太陽光発電所の販売・建設業務に従事。現場、部材、工事など発電所建設に必要な知識と経験を有す。2016年より現職。

著者紹介

連載このタイミングだからこその「太陽光発電投資」のメリット

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧