BDO社、DMC社<フィリピン株/企業情報>

世界各国の調査機関が長期的な経済成長に太鼓判を押したことで、大きな注目を集めているフィリピン株式市場。上場している企業のうち、代表的な30社で「フィリピン総合指数(PSEi)」は構成されている。本連載では、フィリピン市場に特化した金融情報サイト『フィリピン株.com』のなかから一部を抜粋し、フィリピン総合指数に選ばれている企業を紹介していく。

BDO…フィリピン最大規模の総合銀行

BDO Unibank, Inc.(BDO)

 

【会社概要】

 

SM Investments Corporationが発行済み株式の40%強を保有する総合銀行。自国および外国通貨建て預金のほか、融資、手形割引、貿易金融、外国為替取引、証券取引、信託・投資、資金管理、投資銀行業務、保険商品などのサービスを提供する。

 

【業績】

BDO社業績
BDO社業績

 

【B/S】

BDO社バランスシート
BDO社バランスシート

 

【投資力レーダー】

BDO社投資力データ
BDO社投資力データ

【最新NEWS】

 

●投資向けの資金需要に対応するため350億ペソの固定金利社債を発行。利率は6.42%で四半期ごとの支払い。

 

 

[PR] 7月20日(土)セミナー開催

日本の人材不足を解消する、注目の事業投資(人材ビジネス)最新情報!

世界で最も投資に適した国「フィリピン」で実現する究極の資産防衛

DMC…インフラ建設に強みをもつ巨大ゼネコン

DMCI Holdings, Inc.(DMC)

 

【会社概要】

 

1970年代に Marcos政権時代に運輸および公共事業大臣を務めたIsidro Consunjiによって設立されたインフラ企業が前身。95年にConsunji家の持株会社として設立され、同年12月に株式上場を果たした。土木および一般建設を中核に石炭鉱業、ニッケル鉱業、不動産、系統連系型電力、水道の各セグメントで事業を展開している。

 

【業績】

DMC社業績
DMC社業績

 

【B/S】

DMC社業績バランスシート
DMC社業績バランスシート

 

【投資レーダー】

DMC社投資力データ
DMC社投資力データ

【最新NEWS】

●2019年に10件の不動産プロジェクトを立ち上げると発表。179億ペソの投資資金は内部留保と銀行借り入れで賄う。

 

●グループの電力ユニットであるDMCI Power Corp.が積極的な設備投資を行う。一環としてMarinduqueとOccidental Mindoroの電力入札に応じる考えを示した。

 

●2019年の投資を前年度比15%上乗せし310億ペソとする。住宅事業に180億ペソ、電力事業に100億ペソ、その他に30億ペソ配分する。住宅ではPasig City、Calathea Place、Prisma、ParañaqueCityのAtherton、Quezon CityのThe CelandineおよびInfina Towersなどで記録的な数のプロジェクトを立ち上げる予定。

 

 

[PR] 7月20日(土)セミナー開催

日本の人材不足を解消する、注目の事業投資(人材ビジネス)最新情報!

世界で最も投資に適した国「フィリピン」で実現する究極の資産防衛

フィリピン株.com 編集長

1952年⽣まれ。⽇本⼤学理⼯学部卒業。株式・⾦融専⾨誌の編集者を経て、株式・⾦融関係に強いジャーナリスト兼⾦融プログラマーとして活躍。コンピューターを駆使した独⾃の株価分析・企業分析とやさしい解説には定評がある。親族にフィリピン⼈が多く本物のフィリピン市場を知る貴重な存在でもある。
「フィリピン株.com」→http://xn--dck4eb9f0b0071d.com/

著者紹介

連載フィリピン総合指数(PSEi)採用銘柄の研究

本記事はGLB.inc (以下「当社」といいます。)が情報提供のみを目的として作成したものであり、投資の推奨を行うものではありません。また、提供する情報は当社が信頼に値すると判断したものを採用しておりますが、その正確性を保証するものではありません。また、これらを基にしたお取引及びその結果について当社は一切の責任を負いません。本データは将来の利益や結果を約束するものではありません。売買の最終判断はご自身の判断でお願い致します。また、本システムは事前の告知および予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。