ALI社、BPI社<フィリピン株/企業情報>

世界各国の調査機関が長期的な経済成長に太鼓判を押したことで、大きな注目を集めているフィリピン株式市場。上場している企業のうち、代表的な30社で「フィリピン総合指数(PSEi)」は構成されている。本連載では、フィリピン市場に特化した金融情報サイト『フィリピン株.com』のなかから一部を抜粋し、フィリピン総合指数に選ばれている企業を紹介していく。

ALI…「マカティ」の開発を主導する大財閥の子会社

Ayala Land, Inc.(ALI)

 

【会社概要】

 

Ayala Corporation(AC)の子会社。不動産会社。ホテル経営、不動産管理サービスに従事。

 

【業績】

ALI社業績

【B/S】

ALI社B/S

 

【投資力レーダー】

ALI社投資力レーダー

【最新NEWS】

 

●ホテル、モール、およびオフィスプロジェクトの投資のために80億ペソ相当の固定金利債(期間7年)を発行する予定。証券取引委員会に登録されている500億ペソの債券プログラム(DSP)を利用する。Philippine Ratings Services Corp.(PhilRatings)は、当債券にPRS Aaa格付け(最上級)を付与した。

 

●傘下の不動産開発会社であるAVIDA LAND Corp.がマカティ市で5番目の住宅プロジェクトAvida Towers(AT)Makati Southpointを公開。32階建ての建物3棟で、合計924戸の住宅を擁し、最初の棟は2020年に、全棟を2024年までに完成させる計画。合計で130億ペソの売り上げを見込む。

 

●Prime Orion Properties Inc.(POPI)への持分を統合する計画の一環として、三菱商事が所有する工業団地開発者Laguna Technopark Inc.の20%の株式を購入。Laguna Technoparkの20%の株式はPOPIの323.887百万の追加株式と交換され、後者の発行済株式の6.6%を保有することになる。

 

 

[PR]10月28日(月)セミナー緊急開催@幻冬舎

4泊5日で「海外永住権」を手に入れる方法とは?フィリピンを活用した最新資産防衛術

 

 

BPI…Ayalaグループに属する大手銀行

Bank of the Philippine Islands(BPI)

 

【会社概要】

 

商業銀行。子会社を通じてATM、デビットカードシステム、クレジットカード、電子キャッシュカード、インターネットプラットフォームなどのサービスを提供。

 

【業績】

BPI社業績

【B/S】

BPI社B/S

【投資レーダー】

BPI社投資力レーダー

【最新NEWS】

●2018年通期と第4四半期の決算を発表。通期純益は利益率の改善と資産増が貢献し前年度比3%増の230.8億ペソとなった。第4四半期に限ると前年同期比20.4%と好調だった。

 

●地元紙によると小口金融部門を担当するBPIダイレクト・バンコの支店を年内に65ヵ所新設。全国200店舗体制とする計画。

 

 

[PR]10月28日(月)セミナー緊急開催@幻冬舎

4泊5日で「海外永住権」を手に入れる方法とは?フィリピンを活用した最新資産防衛術

 

 

フィリピン株.com 編集長

1952年⽣まれ。⽇本⼤学理⼯学部卒業。株式・⾦融専⾨誌の編集者を経て、株式・⾦融関係に強いジャーナリスト兼⾦融プログラマーとして活躍。コンピューターを駆使した独⾃の株価分析・企業分析とやさしい解説には定評がある。親族にフィリピン⼈が多く本物のフィリピン市場を知る貴重な存在でもある。
「フィリピン株.com」→http://xn--dck4eb9f0b0071d.com/

著者紹介

連載フィリピン総合指数(PSEi)採用銘柄の研究

本記事はGLB.inc (以下「当社」といいます。)が情報提供のみを目的として作成したものであり、投資の推奨を行うものではありません。また、提供する情報は当社が信頼に値すると判断したものを採用しておりますが、その正確性を保証するものではありません。また、これらを基にしたお取引及びその結果について当社は一切の責任を負いません。本データは将来の利益や結果を約束するものではありません。売買の最終判断はご自身の判断でお願い致します。また、本システムは事前の告知および予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。