資産運用 その他投資
連載PICTETマーケット情報【第30回】

バイオジェンがアルツハイマー病治療薬候補の治験を中止

グローバル/バイオ医薬品

マーケットレポート

バイオジェンがアルツハイマー病治療薬候補の治験を中止

ピクテ投信投資顧問株式会社が、日々のマーケット情報を分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報を転載したものです。

バイオジェンがアルツハイマー病治療薬候補の治験を中止

2019年3月21日、米大手バイオ医薬品企業のバイオジェンが、日本の医薬品企業エーザイと開発を進めていたアルツハイマー病治療薬候補アデュカヌマブについて、治験の中止を発表しました。

 

 

この発表を受けて21日のバイオジェンの株価は前日比-29%と大きく下落しました。

 

アデュカヌマブは、これまでの公表されてきた治験データが良好で、株式市場からも非常に高い期待が寄せられてきた新薬候補であったことから、株価には承認されることが相当程度織り込まれていたと考えられます。

ほかのバイオ医薬品企業の株価に与えた影響は大きくない

バイオ医薬品関連株式の代表的な株価指数であるナスダック・バイオテック指数も前日比-1.1%の下落となりましたが、同日はバイオジェン以外の企業については概ね上昇しており、今回のニュースがほかのバイオ医薬品企業の株価に与えた影響はあまり大きくありませんでした。

開発が難しいアルツハイマー病治療薬、これまでの多くの企業が断念

アルツハイマー病の治療薬については、現在、多くの医薬品企業が研究開発を行ってきましたが、これまでのところ大きな成果は得られていません。

 

これまでもロシュ・ホールディング(スイス)やイーライ・リリー(米国)、アストラゼネカ(英国)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国)などの大手医薬品企業も開発途上にあった新薬候補の治験を中止したことがあり、アルツハイマー病治療薬の開発がいかに難しいかを物語っています。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

 

バイオジェンとエーザイは、アデュカヌマブ以外のアルツハイマー治療薬候補については治験を継続していますが、開発動向については、今後、より慎重に見ていく投資家が増えるものと考えます。

 

※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。

 

記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として紹介したものであり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、医薬品についてもあくまで参考として紹介したものであり、その医薬品を推奨するものではありません。また、データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

 

当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『バイオジェンがアルツハイマー病治療薬候補の治験を中止』を参照)。

 

(2019年3月22日)

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

【2/14開催】相続時に寄与分や特別寄与料を正しく主張する方法/弁護士が解説

 

【2/15開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべき資産運用」

 

【2/15開催】円滑に組織を運営し、家族経営を永続させる「仕組みづくり」とは

 

【2/18開催】「四季報」を読破し続ける達人が語る!「四季報」を活用した長期投資術

 

【2/19開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

あなたにオススメのセミナー

    連載PICTETマーケット情報

    【ご注意】
    ●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
    ●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
    ●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
    ●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
    ●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
    ●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
    ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
    ●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ