相続争いの引き金となった、長男の嫁の「何気ない一言」とは?

争いが絶えないことから「争族」と揶揄される「相続問題」。当事者にならぬよう、相続対策は万全にしておく必要があります。本連載では、一般社団法人日本相続戦略アドバイザリー協会の代表理事である牛田雅志税理士が実際に目にしたという「争族」のエピソードから、相続トラブル解決のヒントを探っていきます。今回は、相続人の配偶者の一言が引き起こした相続トラブルについて見ていきましょう。

相続人の配偶者が、相続問題に関わることは多い

相続問題は親子間や兄弟姉妹間における感情のもつれや権利争いによって生じます。

 

ただ、法定相続人ではない第三者がトラブルに巻込まれたり、逆に、相続争いの元凶になったりすることも少なくありません。

 

そのなかでも、特に相続人の配偶者(嫁と婿)は相続問題に多大な影響を及ぼすことがあります。

 

今回は、長男の嫁の罪のない一言が家族の崩壊を招いた悲劇をご紹介いたします。法定相続人でない長男の嫁がなぜ相続問題の元凶なったのかを紐解くと共に、相続問題を解決するうえで、最適な話し合いはどうあるべきかについても考えていきます。

 

東京の一等地に住む吉竹さん(仮名)は、妻と母親と同居をしています。

 

父はすでに死亡しています。遺された相続財産のうち金融資産は吉竹さんと妹の二人が相続し、自宅は母親が相続しました。

 

何不自由ない生活を送っている吉竹さんでしたが、この家族にはひとつだけ問題がありました。吉竹さんの母親と妻の仲が険悪だったのです。

夫に先立たれたら…もしもの心配が「争族」の引き金に

この嫁姑問題はある出来事によって増幅することになります。

 

吉竹さんが心筋梗塞で倒れたのです。

 

幸い命は取り止めましたが、再発リスクもあり継続治療が必要になりました。その結果、吉竹さんの妻に、吉竹さんの病状とは別の新たな不安が生まれました。

 

「夫が義母より先に死んだら私の居場所はどうなるの?」

 

今住んでいる自宅はすべて母親名義です。

 

「もし、夫が先に亡くなったらこの家を追い出されるのでは?」と不安になったのです。

 

そして、その気持ちを吉竹さんに伝えました。

 

「私は怖い。お義母さんは私のことをよく思っていないから、あなたが先に死んだらこの家を追い出されるかも…」

 

吉竹さんは妻に取り越し苦労だよとなだめましたが、妻の不安は消えません。

 

「でも、家も土地もお義母さんのものでしょ。私には相続する権利がないのよ。心配する気持ちもわかってよ」

 

そこで、吉竹さんは妻の不安を取り除くためある行動を取りました。

 

母親に以下の提案を持ちかけたのです。

 

「お母さん名義の家と土地を私に譲ってくれないか? もし介護や痴呆になったときにはお金が必要になるよね。妹は遠方に嫁いでいるし、私と妻が責任を持ってお母さんの面倒を見るから」

 

母親は老後の心配もあり不動産よりお金を持っていた方が安心できると思い、吉竹さんの提案を受け入れました。

 

吉竹さんの妻の不安は解消しました。これで吉竹さんが先に亡くなったとしても自宅に住み続けることができます。

 

ただ、この売買取引にはひとつだけ問題がありました。

 

吉竹さんは、お母さんに無理をいって、時価より大幅に低い価格で自宅を買い取ったのです。

 

自宅の譲渡後、妹もその事実を知りました。妹は吉竹さんが母親から安く買ったことを厳しく非難し、譲渡契約を無効にすべきと主張しました。もちろん、母親の財産が少なくなったことを心配しての抗議ですが、自分が相続する予定の財産が減ったことに対する不満もありました。

 

吉竹さんは妻の心配を取り除くために買い取ったともいえず、母親も納得してしているのだからと契約の正当性を主張します。

 

この家族間のもめ事は訴訟まで発展しましたが、最終的に譲渡契約は有効となりました。しかし、吉竹さんに対する妹の憎悪感は消えません。さらに、契約を無効にしなかった母親にも腹を立て、母親との関係も悪化しました。

 

妹は訴訟以降、吉竹さんと母親に会うことはなく母親の葬儀さえ欠席しました。吉竹さんの妻の一言がキッカケで吉竹さん家族は崩壊してしまいました。

 

 まとめ 

 

では、吉竹さんはどうすればよかったのでしょうか。

 

妻の心配事に向き合ったことまでは問題ありませんでした。嫁姑の仲が改善できないのであれば、同居生活に固執せず妻と家を出て別居することもできたでしょう。さらに、自分亡きあとも妻との同居を母親にお願いすることもできたはずです。

 

また、母親との自宅売買は誤りではないものの、時価より安い価格を譲渡価額にしたことは、母親と妹に対して配慮に欠ける身勝手な行為でした。

 

相続問題は自己の利益を一番に考えたとき、そのほとんどは争族問題へと発展します。相続問題で優先すべきは自己の幸福ではなく、相手の幸福においたとき、まったく別の解決方法があることを念頭においてみてはいかがでしょうか。

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

牛田雅志会計事務所/一般社団法人日本相続戦略アドバイザリー協会 富裕層向け相続戦略・財産信託コンサルタント
税理士

兵庫県出身。大学卒業後、プライスウォーターハウスにてIPOコンサル業務に携わる。退職後、独立のため上京。コテコテの関西弁を駆使し、顧問料も大阪価格による価格破壊戦略を展開。独立当初1件のクライアントが数年後には200件、年商も1億円を超える。その後、順調に拡大するも忙しさのあまり心身のバランスを欠き、公私共に苦境に。「このままだと誰も幸せにならない。経営を通じて人々を幸福に導くことが自分の役割だ」という気付きを得て、経営品質にこだわる「品格経営」に転身。現在はオーナー社長及び富裕層向けの財産防衛スキームに特化したコンサルティングを展開中。そのノウハウを伝えるべく金融機関を中心としたセミナーで全国を行脚、90%を超える受講者から「分かりやすく大変役に立っている」と好評を博している。

著者紹介

連載相続の修羅場から学ぶ「相続トラブル」解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧