放置すればうつ状態にも!? 「難聴」が引き起こす様々な問題

前回は、耳鳴りの治療に「カウンセリング」が重要である理由を説明しました。今回は、「難聴」が引き起こす問題について探ります。

難聴が原因でコミュニケーションが強くなる!?

「なんて言ったの?」と聞き返したり、「もう一度言って」とお願いしたり――難聴になると、こういった場面が多くなるでしょう。周囲の人に迷惑をかけているのではないかと悩み、コミュニケーションをとるのが怖いと感じてしまうこともあるでしょう。

 

人間関係と精神状態は密接に関係しています。コミュニケーションが円滑に進まなくなった結果、精神状態に悪い影響が及ぶこともあります。難聴によって人とのコミュニケーションに問題が起こり、うつ状態になってしまう人がいるのはこのためです。

 

今回は、実は密接な関係がある難聴とうつ状態について解説します。

 

難聴をほったらかしにしておくと、人間関係や精神状態に悪影響をもたらす可能性があります。なぜなら、聴覚が低下すると、認知機能が低下したり、精神衛生が悪化したりといった結果を招くことがあるからです。

 

いくつか調査結果をご紹介しましょう。

 

全米高齢者問題協議会が4000人の難聴患者に対して実施した調査(2000年)によると、難聴を放置し、補聴器をつけていない人たちは、うつ病などの心理社会的疾患を発症する割合が著しく高いことが判明しています。

 

また、ジョンズ・ホプキンズ大学の調査(2013年)では、難聴が認知機能を低下させることが明らかになっています。

 

その仕組みを簡単に説明しましょう。

 

[図表]難聴が認知機能を低下させる仕組み

 

人の話を「聞いている」とき、その音声を処理しているのは脳です。脳が音声を処理することによって、人は、誰が何を話しているのかといったことを理解しているのです。

 

難聴の人は、音声が十分に聞こえませんから、脳がその音声の処理をするのに手間がかかってしまいます。そのため、記憶や理解など、音声の処理以外の重要な機能にまで手が回らなくなってしまうのです。

一時的な難聴なら、大きな問題にはならない

難聴といえば、耳の病気や加齢が原因だと思い込んでいる方も多いでしょう。しかし実は、一時的な難聴であれば、若い人にも起こりえます。

 

近年若い人に多いのが、「ヘッドホン難聴」。ヘッドホンやイヤホンを使い、大きな音を聞き続けることによって起こる難聴です。このほか、ライブハウスに行ったり、クラブに行ったりすることによっても起こります。

 

多くの場合、一時的な難聴に陥っても、耳を休ませていれば数日間で治ります。このような場合にはストレスやうつ状態につながることは、ほとんどないでしょう。

難聴の治療には「補聴器」が有効…一度病院で相談を

難聴は、補聴器での治療が有効です。補聴器を使えば、脳が音声を理解し、処理しやすくすることができるのです。

 

補聴器の利用によって、聞こえが改善し、コミュニケーションが円滑になることは想像に難くないでしょう。加えて、コミュニケーションが取りやすくなることにより、精神的な疲労が緩和され、社会からの孤立感やうつ症状の軽減が期待できます。

 

また、認知という観点でいうと、記憶力や集中力、注意力の向上にも効果があるといえるでしょう。

 

現在では、一人ひとりの難聴の症状や、見た目の好みに合わせることができる補聴器が多く発売されています。一度、耳鼻咽喉科で聴力検査を受けるとともに、補聴器について相談してみることをおすすめします。

 

【関連記事】
●更年期障害と耳鳴り
https://miminari-watanabe.com/column/menopause/
●高音が聞こえづらくなった難聴「加齢性難聴」とは
https://miminari-watanabe.com/column/aging-hearingloss/
●補聴器は耳鳴り治療にも使われる
https://miminari-watanabe.com/column/hearing-aid/
●今すぐ、どこでもできる“音響療法”のポイント
https://miminari-watanabe.com/column/acoustictherapy-point/
●脳のしくみとその異常に伴う耳鳴り
https://miminari-watanabe.com/column/miminari-brain/

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載原因は? 治療法は? 専門医が優しく教える「耳鳴り」の話

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧