▲トップへ戻る
耳鳴りの治療…なぜ「カウンセリング」が重要なのか?

耳鳴りはさまざまな病気が原因で起こる一方、原因不明と診断されることも多くあります。場合によっては、医師から「異常はないので様子を見ましょう」「病気ではないので治しようがありません」などと、さじを投げられてしまうことも・・・。そこで本連載では、「耳鳴り」の原因や治療法について、詳しく見ていきましょう。

耳鳴り治療に特化している総合病院は少ない

耳鳴りは、さまざまな病気が原因になって起こります。診断の結果、原因の病気が特定できたら、当然その治療を行うことになります。

 

しかし、耳鳴りというのは、原因が分からないことも非常に多い症状です。それゆえに、医師から「異常はないので様子を見ましょう」「病気ではないので治しようがありません」などと、さじを投げられてしまうことがあるかもしれません。

 

原因不明の耳鳴りを治すには、後述するTRT療法など、本格的な取り組みが必要です。しかし、耳鳴りの本格的な治療を取り入れている総合病院は、耳鼻科の専門医院に比べれば少ないと言えるでしょう。

 

理由はいくつか考えられますが、大きな病院では大勢の患者さんを診療する必要があるため、耳鳴り治療のためのカウンセリングなどを、じっくりと行うことが難しいのでしょう。

 

そんな中、最近は慶應義塾大学や名古屋市立大学などが「耳鳴り外来」を設置して耳鳴り治療に力を入れるようになりました。他に、国立障害者リハビリセンターや済生会宇都宮病院もそうした病院の1つです。

生活困難度を測るアンケート「THI」で心の問題を探る

実は耳鳴りの診療では「カウンセリング」がとても重要な位置を占めています。

 

耳鳴りは、なかなか他人に分かってもらえない症状です。そのため、患者さんは一人で問題を抱えていることが少なくありません。耳鳴りが原因で「うつ」になる人もいるのは、耳鳴りに心の問題を伴う傾向があるからにほかなりません。

 

ストレスや不安といった心の問題を取り除くと、耳鳴りが軽減することが多いのはそのためです。

 

原因不明の耳鳴りを診療する際に大切なのは、聞こえる音の種類や大きさより、むしろご本人のつらさの度合い、生活困難度を評価すること。そのために使われているのが、THIというアンケート(問診票)です。

 

[図表]つらさの度合い、生活困難度を評価する問診票「THI」

 

これは、日本耳鼻咽喉科学会でも紹介している国際標準のテストで、上の図表のような25の項目について、患者さん自身に「よくある」=4点、「たまにある」=2点、「ない」=0点で回答してもらいます。その合計点から、0~18点なら「軽度」18~56点なら「中等度」、それ以上の場合は「重度」と評価します。

 

その結果を踏まえて、個々の患者さんのつらさを軽減していくのです。

「耳鳴り以外の症状」も大切な診断材料に

耳鼻科医の問診を受けるときは、どんな症状でも遠慮なく申し出てください。ご自身は耳鳴りに関係ないと思っている症状でも、それが診断の材料になり、処方する薬などに影響することもあるからです。

 

医師にとって、「どんなときに耳鳴りが起こるか」や、「ほかに気になっている症状がないか」はとても重要な情報です。

 

例えば、普段頭痛に悩まされていても、「耳とは関係ないから」と自分で判断してしまい、医師に伝えない人がかなりいます。しかし、片頭痛とからんだ耳鳴りだということが分かれば、より効果のある薬を処方することもできます。また、病気を特定することにつながらなくても、気になる症状を言ってもらうと、それを軽減できるように一緒に考えていくことができます。

 

補聴器メーカーが、常時耳鳴りを感じている人たちに聞いたアンケートでは、THI問診票にも通じますが、「体のことが心配になる」という訴えのほか、不安、イライラ、不眠など、やはり心の問題が多く挙げられています。

 

耳鳴りは、単なる聞こえ方の問題ではないのです。

 

【関連記事】
●更年期障害と耳鳴り
https://miminari-watanabe.com/column/menopause/
●高音が聞こえづらくなった難聴「加齢性難聴」とは
https://miminari-watanabe.com/column/aging-hearingloss/
●補聴器は耳鳴り治療にも使われる
https://miminari-watanabe.com/column/hearing-aid/
●今すぐ、どこでもできる“音響療法”のポイント
https://miminari-watanabe.com/column/acoustictherapy-point/
●脳のしくみとその異常に伴う耳鳴り
https://miminari-watanabe.com/column/miminari-brain/

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR 東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載原因は? 治療法は? 専門医が優しく教える「耳鳴り」の話

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧