▲トップへ戻る
これから始める仮想通貨投資・・・最初に選ぶべき銘柄は?

今回は、これから「仮想通貨投資」を始める場合、最初に選ぶべき銘柄について見ていきます。※本連載では、仮想通貨FXトレーダー向けサイト「3分で分かる仮想通貨」を運営するBULLヒロ氏に「仮想通貨投資」の基礎知識について解説していただく。

「王道ビットコイン」は今からでも遅くない

BULLヒロです。「3分で分かる仮想通貨」という、仮想通貨情報サイトを運営しております。

 

前回は、どのタイミングで仮想通貨投資をスタートするべきかについて解説しました。今回は、2018年に初めて仮想通貨に投資するなら、最初にどのような銘柄を選ぶべきかについて解説します。

 

初めて仮想通貨投資を始める上でビットコインを検討から外すことはできません。最も知名度があり既に値上がりしているので、今から買っても遅いというイメージが強いかと思いますが、仮想通貨市場で最も価格が安定しているビットコインでも年間数倍のボラティリティ(値幅)があります。そのため、今から買っても遅いということはなく、価格が長期間下がっているタイミングを狙って購入すれば、大きなリターンを狙えます。

 

ビットコインの価格が上昇しやすいと言われる主な要因として、その発行枚数があります。2,100万枚という発行枚数は他の仮想通貨と比較しても少ないため、需要が増加すると価格に反映されやすい通貨と言えます。

 

過去には、インフレが発生した通貨の退避先として急激に需要が伸びた例や、北朝鮮のミサイル発射による先行き不安から価格が急騰した例などがあり、将来においてはETF承認により証券会社などの大口資金の流入が期待されています。

取引所独自の通貨「取引所トークン」の魅力とは?

2018年は年始からビットコインの下落が続き、アルトコインはビットコイン以上に下落しているものがほとんどです。その中で唯一、2018年に入って価格が上昇しているカテゴリーが「取引所トークン」です。

 

取引所トークンとは、仮想通貨交換業者が発行している通貨のことです。海外取引所BINANCEの「BNB」が最も有名で、このブームの火付け役です。BNBを取引所手数料の支払いにあてることで、手数料が半額になるため購入後すぐにメリットを享受できるのが特徴です。

 

取引所の収益の一部によって一定期間ごとに買い戻しが行われ、時間の経過とともに希少性が高まることもあり、リスクオフモードの市場の中で大きな支持を集めました。しかし残念ながら、日本人は海外取引所でしか購入できないBNBを手に入れることはできません。

 

そこで国内の取引所トークンに注目したいところですが、2018年8月時点で価格が高騰したものはありません。国内の有名なものでは、Zaif発行のZaifトークンと、QUOINE発行のQASHがあります。

 

この2つのトークンのうち、QASHはICOによって発行されたトークンです。国内の規制が強化され、仮想通貨交換業の認可を受けた取引所でしかICOできなくなったことを考えると、現在の価格は低迷していますが数年以内にICOプロジェクトが集中すれば価値が上がるのでは? と言われています。

 

この2つのトークンは海外取引所のように、手数料割引や買い戻し施策などがないため、まだ人気に火はついていません。しかし、もし導入された場合にはポジティブ材料として受け入れられると思います。

 

現在、発行トークンに関わる新たな施策を行う場合には、金融庁への報告を必ず行っていると思われます。そのため、このような施策がすぐに導入されることは考えにくいですが、数年先を見越せば比較的手堅い取引所トークンは買いだと思います。

株式投資歴5年の仮想通貨スイングトレーダーで、普段の仕事はIT系事業開発です。
トレーダー向けイベントInvestor Meet upや、3分で分かる仮想通貨ブログを運営しています。

著者紹介

連載株 vs 仮想通貨・・・初心者のための仮想通貨投資講座(BULLヒロ)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧