海外プロジェクトで注意したい「インフラリスク」とは?

前回は、海外プロジェクトにおけるドキュメントの「外国語化」に関する留意点を取り上げました。今回は、海外プロジェクトで注意したい「インフラリスク」について見ていきます。

豪雨による停電でスケジュールに影響が出たケースも

国内のプロジェクトでもリスク管理がしっかりされるようになってきましたが、さすがに頻繁な停電やネットワーク不通をリスク項目に挙げるプロジェクトは少ないのではないでしょうか。

 

これが海外では、かなり重要になります。

 

ブラジルでは日本では考えられないインフラリスクが実際に発生しました。

 

豪雨による停電やネットワーク不通が、多いときには週に1回、工場内だけではなく地域全体で発生したのです。そのためにテスト環境に接続できず、スケジュールに影響が出ました。

 

日本ではサーバールームやデータセンターに停電対策が施されていることがほとんどですが、国や地域によっては期待できません。

 

サーバーダウンに対しては、クラウド環境を用意しておくというリスク対策も可能ですが、ネットワークに障害が発生するとお手上げです。

 

ですので、国や地域によっては雨季をスケジュールに含めないなどの対策が必要なことがあります。こういう時期には、資材調達も止まることがあります。

インフラを日本と同様に考えず、綿密な事前調査を

業務継続のためにサーバーを移設しようとしたら、道路がガタガタで移動中にサーバーが壊れるということも実際にあります。タイ、インド、ブラジルなどで体験しました。

 

ネットワークに関しては、国や地域をまたがる場合に帯域が足りなくなることもあるので、十分な事前調査が必要です。

 

電気、道路、上下水道、交通機関などの社会インフラを日本と同様に考えては失敗します。必ず綿密な事前調査(特に現地駐在員によくヒアリングする)をし、リスクとして管理しておかなければなりません。

イー・ビー・ソリューションズ株式会社 米国公認会計士
ディレクター

2002年、海外で働きたいとの思いから(株)東芝に入社。グループ内外のアメリカ、タイ、中国、ブラジルの基幹(ERP)システム、グローバルSCMシステムで、多数のプロジェクトリーダー、PMOを経験。2007年、イー・ビー・ソリューションズ(株)入社。

イー・ビー・ソリューションズ株式会社WEBサイト
http://www.ebss.co.jp/ebs/

著者紹介

イー・ビー・ソリューションズ株式会社 中小企業診断士
マネージング・コンサルタント

メーカーSEとして石油・化学業向けのシステム開発に12年間従事。2002年、コンサルタントとしてキャリアアップすべくイー・ビー・ソリューションズ(株)入社。(株)東芝のグローバル・プロジェクトにおける本社側でのプロジェクトマネジメント支援などを行う。

イー・ビー・ソリューションズ株式会社WEBサイト
http://www.ebss.co.jp/ebs/

著者紹介

連載海外を目指すITエンジニアのための「グローバル・プロジェクト」の実務ノウハウ

ITエンジニアの「海外進出」読本

ITエンジニアの「海外進出」読本

五嶋 仁,高木 右近日向

幻冬舎メディアコンサルティング

ITエンジニアの海外進出は、将来性とやりがいに満ちている! 今後IT業界で必要とされ、ポジションも報酬もアップしていく「市場価値の高い」人材とは、どのような知識やスキルを身につけている人なのか? 悩めるエンジニ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧