アセットシェアリングとは?

不動産投資におけるアセットシェアリングの意味について解説します。

アセットシェアリングとは

アセットシェアリングは不動産投資を少額から始められる不動産小口化商品として、注目を集めています。その概要は一つの投資対象の物件を細かく分けて、他のオーナーと共有すると言うものです。これによって不動産投資に参加しやすくなる他にも、色々なメリットが産まれてきます。

 

不動産投資では初期投資コストの大きさが問題となることが多いです。自己資金では不足なので、金融機関から数千万円を借り入れて始めるケースも少なくは有りません。この点で、大きな借金を背負うような思い切った形で投資せずとも、アセットシェアリングならばより少ない資金で安全に始めることができます。

 

この方法では一口100万円程度から投資を行うことが可能です。もちろん投資額が少なければリターンも少なくはなりますが、口数を増やせば利益を高められることになります。少額で安全に始めて、徐々に投資額を増やしていくような手堅い投資方法も行えるでしょう。

 

リスクや資金を他オーナーと分散できてるために、一等地のハイクラスな物件への投資も現実的となります。好立地の高額物件は資金準備が間に合わない場合もありますが、アセットシェアリングを活用すれば、より投資しやすい存在となるでしょう。

 

小口化されているので投資資金を流動的に活用しやすく、急な出費が必要になった際にも安心です。手元の現金を作るのに、不動産全てを売却する必要が無いですから、臨機応変な資金繰りができます。

 

相続にも有利

アセットシェアリングは実物不動産を小口化している点からも、メリットが生じてきます。主なものでは相続対策があげられるでしょう。

 

遺産相続の時には、物理的に分割しにくい不動産は紛争の種になりかねません。しかし、アセットシェアリングでは実物不動産が小口化されている分、相続人が公平に受け取ることができます。不動産の価値全体を割っているので、取り分に差がないわけです。

 

実物不動産ですから相続税対策の時には、税額を抑制しやすい点も有利でしょう。元々から相続税対策のために不動産物件を購入するケースはあるのですが、その弱点である遺産分割の難点解消を見込めるのが、この投資方法となります。

 

提供できるのは許可を受けた業者だけ

アセットシェアリングのような投資手段は、どのような不動産会社でも提供できるわけではありません。不動産特定共同事業法に基づく許可を得ている会社のみが、このような形態の不動産投資を募ることが出来ます。許可が与えられるのは資本金の額や自己資本比率、業務に係る人的構成などが基準を満たし、信頼性が評価された会社だけです。

 

連載海外不動産投資用語集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧