リコースローンとは?

不動産投資におけるリコースローンの意味について解説します。

リコースローンとは

リコースローンはローンを貸す金融機関にとっては有利なローンです。ローン物件を担保にするだけではなく、債務者の個人財産までも差し押さえる権利を持つことができます。 例えば500万円の家のローンが残っているとします。それがリストラで仕事をなくし少しのアルバイトでしか収入がなくなったとします。生活費の方が大変で、ローンのほうは何回か支払いを滞納してしまいました。債権者はただちにその家を差し押さえ、オークションで売り400万円を得ました。

 

しかし差額がまだ100万円あります。その100万円は債務者名義の給料や銀行口座から法的手段を使って差し押さえる事ができるのです。また催促の電話やレターを出すなども法の許す範囲で行うことができます。家をなくしたあとでも借金の支払いを、終わるまで続けなくてはなりません。

 

リコースローンのメリット

リコースローンは貸し手の金融機関に対して大きな保証を与えるため、ノンリコースローンよりも低い金利でローンを組むことができます。

 

ローン申し込み者のクレジットヒストリーがあまり良くない場合などでも、低金利でローンを組めることがあります。支払いさえ滞ることがなければ借り手にとっても大変魅力のあるローンです。

 

ノンリコースローン

リコースローンに対するローンはノンリコースローンです。これは借り手にとっては有利なローンです。病気や失業などでローンの支払いが滞った場合、ローン対象物件と、もしあれば、担保物件だけの差し押さえで済みます。前述の家のローン500万円の負債に対し、家が400万円でしか売れなかった場合でも債権者は100万円を債務者に要求することは法的に許されません。債権者は100万円をロスとして引き受けなくてはなりません。しかしながらノンリコースローンはリコースローンにくらべて審査基準が厳しく、金利もずっと高くなります。ローンの支払いに失敗すればクレジットヒストリーに大きくマイナスになり、以降ローンを組むことが難しくなります。

 

またリコースローンに於いて、債務者に取れる財産がないなどの理由でもし債権者がロスを取ることがあった場合、そのロスの金額は債務者の収入となり税金の対象となります。

 

アメリカ合衆国でしたら税務署の要求する1099-Cという書類が債権者から発行されるので、それを持って税務署に収入として申告し、税金を支払わなくてはなりません。

 

ノンリコースローンでしたら債権者のロスを収入として申告する必要はなく、したがってその分の税金を払うことはありませんが、そのかわり実際の売値ではなくローン残額を売却値としての収入の申告をしてその分の税金を払うことになります。

 

連載海外不動産投資用語集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧