タックスプランニングとは?

不動産投資におけるタックスプランニングの意味について解説します。

タックスプランニングとは

タックスプランニングとは、将来的な法人税の発生に伴って計画を行うことをいいます。その内容は、主に将来的に発生するであろう法人税について、負担額とその場合の課税所得を想定し、過度な負担を抱えないようにしたり、無駄な税金を払わないようにするために合法的な節税対策をとることをいいます。

 

タックスプランニングの必要性について

昨今では、金融取引において、法律の裏を掻いた節税商品やタックスプランを使用したことにより、税務否認されてしまうという事案が多く存在しています。

 

税務否認による損失は、経済的なものだけでなく、正しいタックスプランニングをしなかったという社会的信頼の損失などにもつながることもあります。

 

また納税者にとってタックスプランニングは、税金の払いすぎなどの防止にもつながります。正しいタックスプランニングは、将来的な税務リスクを防ぐことになるのです。

 

国際的なタックスプランニングの分類

タックスプランニングとはいっても、実際の種類や機能は事例によって様々なものが適用されます。

 

国際的なタックスプランニングとしては、大きく分けて「各国の税制や租税条約を活用する方法」「より有利となる税率が適用される場所に所得のベースを帰属させる方法」「課税関係に基づいて、有利となる取引を選択する方法」の3つに分類されます。

 

まず「各国の税制や租税条約を活用する方法」については、主に海外投資などのケースで用いられます。世界では、それぞれの国が定めている課税権に基づいて、異なる税制を決めており、この国ごと税制の違いを活用した方法のことをいいます。

 

次に「より有利となる税率が適用される場所に所得のベースを帰属させる方法」というのは、企業と国が定めている税制の関係を利用した方法です。

 

どの国で課税されるかによって、同じ所得を得る場合であっても、税率に違いがでてきます。

 

その国が、国内投資と海外投資のどちらを促進させるかなどの方針によって、課税の減免措置などの特別措置が受けられる場合や負担の軽減ができる場合があります。

 

最後に「課税関係に基づいて、有利となる取引を選択する方法」というのは、名前の通り、課税関係に注目をして判断する方法です。

 

例えば、海外で事業展開を行う場合、その企業が親会社の場合と子会社の場合とでは、異なる課税関係となり、必要とされる要件が異なる場合があります。

 

このように、様々な課税関係や各国の税制の違いを理解し、有利となる方法をとるというタックスプランニングによって、より将来的な税務リスクが軽減するのです。

 

連載海外不動産投資用語集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧