クルーズ旅行の「手配・船内施設に関する用語」の基礎知識

今回は、クルーズ旅行の「手配・船内施設に関する用語」の基礎知識を説明します。※本連載は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーターである喜多川リュウ氏の著書、『極上のクルーズ手帖』(クルーズトラベラーカンパニー)の中から一部を抜粋し、クルーズ旅行の予約から、下船までの基礎知識を紹介します。

時差調整を兼ねて体調も整えられる「プリクルーズ」

プリクルーズ/ポストクルーズ

Pre Cruise / Post Cruise

 

乗船前、または下船後の旅行手配のことを「プリクルーズ」(乗船前)、「ポストクルーズ」(下船後)と呼ぶ。船旅に参加するだけでスケジュールを組むと、出航地と帰航地での時間は極端に少ないものになってしまう。前後に時間的な余裕があるなら1日でも滞在するといい。

 

「プリクルーズ」は、日本から飛行機で10時間以上かかり、乗り継ぎもあるようなヨーロッパやアメリカ東海岸、南米などには向いている。ベニスやローマなど、見どころが満載の出航地ならなおさらだ。時差調整を兼ねて体調も整えられるという大きなメリットもある。

 

「ポストクルーズ」は、最終下船地でもいいし、ひとつ手前の港で下船するのでもいい。権利放棄ということで返金はされないが、エーゲ海クルーズなどでは、最後に寄るギリシャの小島でそのまま下船して、2〜3日でも滞在するとリゾート気分はさらに盛り上がる。まさに船旅とリゾート滞在のいいとこ取りだ。

 

エクスカーション

Excursions

 

寄港地における船会社手配の主催旅行を指す。基本的に有料(半日コースで25〜60ドル、終日コースで50〜150ドルほど)だが、一部の「オールインクルーシブ」システムを採用している船会社(リージェントセブンシーズクルーズなど)では、エクスカーションも乗船料金に含まれている。

 

専用バスで運航することが多いため、参加者が多いと満席で売り切れやキャンセル待ちになったり、反対に参加者数が少ないときには催行中止になることもある。

 

出発前に申し込みができる船会社もあるので、絶対に参加したいツアーは事前に申し込んでおくといい。エクスカーションの申し込みは船内のツアーデスクで受け付けている。

 

ひとつの寄港地につき、少ない場合で3〜4コース、多い場合には10コース以上の設定がある。ほとんど降りることなくバスの車窓から観光名所のドライブをするものから、本格トレッキングやカヌー漕ぎなどの激しいものまで、さまざまなコースが設定されている。

 

各ツアーには、健脚レベルを示す数段階のマークが付いていることもあるので、自分の体力レベルに合わせたツアーを選ぶことができる。

 

特別なお祝いをする際は「特別レストラン」の利用を

メインダイニング

Main Dinning

 

その名の通り、船内のメインとなるレストランだ。基本的には朝食、ランチ、ディナー時にオープンする。朝食は同じメニュー(日替わりメニューを取り入れている船会社もあり)、ランチとディナーは日替わりメニューだ。寄港地によってはランチ時にはオープンしないこともある。すべてウェイターがサービスをしてくれる。船旅ならではのゆったりとした時間が味わえる。

 

ブッフェレストラン

Buffet Restaurant

 

メインダイニングと並んで基本的なバイキングスタイルのレストラン。こちらも朝食、ランチ、ディナー時にオープンする。並べられたメニューから好きなものを選ぶ形式。ランチ、ディナーは日替わりで、とくにランチはイタリア料理やメキシコ料理、アジア料理など、国別のテーマが設けられることもある。ディナーメニューはその日のメインダイニングのものと重なっていることが多いので、メインダイニングに行く前に実際の料理の下見もできる。

 

特別レストラン

Specialty Restaurant

 

航海中にちょっと気分を変えたいとき、また結婚記念日や誕生日などの特別のお祝いをしたいときなどに使われる。文字通り、特別レストラン。イタリア料理やステーキハウス、中国料理や日本料理などの専門レストランで、通常はテーブルチャージ(ひとり5~30ドル程度の定額制の場合と、メニューからアラカルトで注文する場合とがある)がかかる。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ブーム到来の「クルーズ旅行」…予約から下船までの基礎知識

乗船コーディネーター

東京生まれ。クルーズ・コーディネーター。20代よりオーストラリア、北米、ヨーロッパを放浪し、大学在学中に添乗員デビューを果たす。卒業後は、旅行会社、現地駐在員、カナダ某州政府観光局、欧州系航空会社に勤務。現在は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーター。個人乗船のための情報サイト「寄港地情報.com」を運営。

◆雑誌クルーズトラベラーオフィシャルサイトはこちら◆

著者紹介

極上のクルーズ手帖

極上のクルーズ手帖

喜多川 リュウ

クルーズトラベラーカンパニー

クルーズの裏ワザを知り尽くした著者、喜多川リュウ氏によるクルーズ取り扱い説明書。 予約できる全50ブランド最新データも掲載。 読むだけでクルーズの基礎知識から小ネタまで身につく一冊です。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧