クルーズ旅行の「乗船予約に関する用語」の基礎知識

今回は、クルーズ旅行の「乗船予約に関する用語」の基礎知識を紹介します。※本連載は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーターである喜多川リュウ氏の著書、『極上のクルーズ手帖』(クルーズトラベラーカンパニー)の中から一部を抜粋し、クルーズ旅行の予約から、下船までの基礎知識を紹介します。

換算レートによって変わる「取消料」

予約金

Deposit

 

客室の確保をするために必要な金額。申込金。定額制または乗船料金の10〜20%など、船会社や日程によっても規定は異なる。取消料のかかる時期までは返金される。一部の船会社では、若干の取消料がかかることがある。

 

取消料

Cancelation Charge

 

いったん申し込んだ船旅予約をキャンセルする際にかかる違約金のこと。出航日までの日数で料率は変わるが、出航日が近くなるほど料率は高くなる。一般的には60〜150日前からかかってくる。1カ月を超える長期航路の場合、180日以上前からかかることがある。

 

取消料がかかる前のキャンセルで考えられる唯一のリスクは、換算レートの違いにより、為替差損、または差益が生じることだ。たとえば、予約時に1ドル120円だったのが、キャンセル時に100円にレートが下がっていたとすると、予約金が全額返金されたとしてもレート差のために、実際の日本円換算後の受取額が減ってしまうことがある。

 

また、逆にキャンセルしたら、レートが上がっていて多く返金されるということもある。こればかりは予想は難しい。

 

船内で使える金券「オンボードクレジット」

オンボードクレジット

Onboard Credit

 

船会社から乗客に付与される船内で使えるクレジット(金券)のこと。早期予約特典として、また集客が弱い航路の客寄せの特典として提供されることが多い。シップボードクレジットとも言う。実際には金券を提示する必要はなく、最終請求額からクレジット額が差し引かれる処理となる。ただし、使い残しても換金はできず、権利は消滅してしまう。

 

キャンセル保険

Cancelation Protection Plan

 

本人や親族の病気やケガなどの予期せぬ理由でキャンセルした場合の取消料の負担を軽減、解消するのが「キャンセル保険」だ。これには各船会社で予約時に申し込むものと、一般の旅行傷害保険の特約として申し込むものと2通りがある。

乗船コーディネーター

東京生まれ。クルーズ・コーディネーター。20代よりオーストラリア、北米、ヨーロッパを放浪し、大学在学中に添乗員デビューを果たす。卒業後は、旅行会社、現地駐在員、カナダ某州政府観光局、欧州系航空会社に勤務。現在は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーター。個人乗船のための情報サイト「寄港地情報.com」を運営。

◆雑誌クルーズトラベラーオフィシャルサイトはこちら◆

著者紹介

連載ブーム到来の「クルーズ旅行」…予約から下船までの基礎知識

 

 

極上のクルーズ手帖

極上のクルーズ手帖

喜多川 リュウ

クルーズトラベラーカンパニー

クルーズの裏ワザを知り尽くした著者、喜多川リュウ氏によるクルーズ取り扱い説明書。 予約できる全50ブランド最新データも掲載。 読むだけでクルーズの基礎知識から小ネタまで身につく一冊です。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧