▲トップへ戻る
クルーズ船で「真っ先に予約が埋まる客室」はどこか?

今回は、クルーズ船で「真っ先に予約が埋まる客室」はどこであるかを説明します。※本連載は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーターである喜多川リュウ氏の著書、『極上のクルーズ手帖』(クルーズトラベラーカンパニー)の中から一部を抜粋し、クルーズ旅行の予約から、下船までの基礎知識を紹介します。

最も早期に予約が埋まるのは「上級スイート客室」

数に限りがある客室、どうしたら希望通りに確保できるのだろう。じつはそこには法則がある。さっそく実例を挙げて解説しよう。

 

人気の客室、つまり早期に予約がいっぱいになってしまう客室とはどこか。以下、オーシャニアクルーズ(リビエラ、7泊8日の地中海航路)を例にとる。

 

前回紹介した客室の4つのカテゴリーは、船体の前部・後部のどこに位置しているか、また何階にあるかによってさらに細かく分かれている。6万6000トンの中型客船リビエラの場合、全部で17カテゴリーに分かれている。同カテゴリー内でも、A1〜4、B1〜4などの違いがある。

 

部屋の設備や広さは同じでも、乗船料金が高くなるに連れ、客室の位置が船体の中央部になったり、階層が高くなったりする。中央部分が高めとなっているのは、レストランやシアターなど、どこに行くにも移動距離が短くて便利だからであり、最も揺れが少ない位置でもある。

 

では実際の状況はどうなっているのか。早期に予約が埋まってしまうカテゴリーには特徴があり、これはどこの船会社でもほぼ共通している。

 

予約が早期に埋まっていく順番には、以下の4つの特徴がある。(以下の図表2も参照)

 

①上級スイート客室

客室数も少ないため、とくに法則性はなく、ラグジュアリー感を求める乗客に人気があり、早期に売れてしまう。

 

②スイート客室(ペントハウス)はPH3からPH1へ

高い位置からの眺望や居住性、バトラーサービスなどを求めるタイプに好まれる。

 

③ベランダ付き客室のB4、B3からA1

へベランダ付きにこだわるタイプに好まれる。客室に居ながらにして海風に当たれる爽快感はやはり捨てがたい。朝、ベッドから起きたその足で窓を開け、海風を受ける爽快感は筆舌に尽くしがたい。同じ海でも港によって潮の香りが違うのがわかる。最も多いのがこのカテゴリーを求める乗客層だ。

 

④内側客室F、Gから海側客室Cへ

「客室は寝られればそれで十分」と割り切って、昼間は展望デッキで、夜はカジノやバーでクルーズライフを満喫するタイプに、内側客室は好まれる。内側客室のG、ベランダ付き客室のB4、スイート客室のOC、VS、OSは1年以上前から予約が入る。多くの船会社が提示している「早期割引特典」のメリットが受けられるのも魅力だ。

 

[図表1]早期予約で受けられる特典の例

 

[図表2]客室のカテゴリーと料金(オーシャニアクルーズ)

居心地や提供される料理の質で、部屋を選択する方法も

客室予約は「早い者勝ち」だ。新しい航路が発表されると、世界中から予約が入り始める。いずれにしても、キャンセル料のかかる期日まではリスクはないのだから、お気に入りの客室を押さえておくに越したことはない。

 

「乗船料金が手頃な船会社(カジュアルクラス)のベランダ付き客室とやや高めの船会社(プレミアムクラス)の一番安い客室とが同額の場合、どちらにするのがいいのか?」

 

そんな質問をされることが少なくない。船旅のどの部分を重視するかにもよるのだが、私はあえて、次のような問いかけをするようにしている。

 

「部屋での居心地のよさと食事の内容の、どちらに比重を置きますか?」

 

もし、部屋での居心地を重視するなら、カジュアルクラスのベランダ付き客室がいい。開け放った窓から入港時の新鮮な海風を肌で感じることができる。移り変わるオーシャンビューを眺めながらのんびりとベランダで朝食をとることもできる。

 

料理に重点を置くなら、断然、プレミアムクラスをおすすめしたい。食材の質やメニューの選択肢はカジュアル客船よりも確実に上だ。客室は寝るだけと割り切って、景色を眺めるときには展望デッキを利用すればいい。

 

同様にプレミアムクラスのベランダ付き客室とラグジュアリークラスの安めの客室の比較でも同じことが言える。

乗船コーディネーター

東京生まれ。クルーズ・コーディネーター。20代よりオーストラリア、北米、ヨーロッパを放浪し、大学在学中に添乗員デビューを果たす。卒業後は、旅行会社、現地駐在員、カナダ某州政府観光局、欧州系航空会社に勤務。現在は、外国客船「オーシャニアクルーズ」の乗船コーディネーター。個人乗船のための情報サイト「寄港地情報.com」を運営。

◆雑誌クルーズトラベラーオフィシャルサイトはこちら◆

著者紹介

連載ブーム到来の「クルーズ旅行」…予約から下船までの基礎知識

 

 

極上のクルーズ手帖

極上のクルーズ手帖

喜多川 リュウ

クルーズトラベラーカンパニー

クルーズの裏ワザを知り尽くした著者、喜多川リュウ氏によるクルーズ取り扱い説明書。 予約できる全50ブランド最新データも掲載。 読むだけでクルーズの基礎知識から小ネタまで身につく一冊です。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧