▲トップへ戻る
ノベル版『女騎士、経理になる。』~第3章その⑭

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第3章「リテラシー」その⑭です。

▼工房・作業場

 

女騎士「おお~! すごい数の印鑑なのだ!」

 

ドワーフ「印鑑ではない、『活字』だ。鉛と錫の合金で作った金属の塊に、文字を刻んである」

 

女騎士「活字?」

 

ドワーフ「いいか、見ていろ。こうやって木枠に活字を並べて、耐熱紙に押しつけると……」

 

ギュウ

 

ドワーフ「耐熱紙に文字の形の溝ができる。これを『紙型』と呼ぶ」
女騎士「ほほー」

 

ドワーフ「『紙型』の上に薄く鉛を流せば、文字の刻まれた鉛の板ができる。これが『鉛版』だ。あとは、この鉛の板にインクを塗って、製本用の紙に押しつければ……」

 

ガシャッ!!

 

ドワーフ「……文章を印刷できる」
女騎士「まるで魔法だな」

 

司祭補「手書きせずに本を作れるのですわね?」

 

ドワーフ「さようでございます。この装置さえあれば、精霊教会の経典をより安く、よりたくさん作ることができるのです」

 

司祭補「手書きなら1冊作るのに1年ほどかかりますけれど……」

 

ドワーフ「この装置なら、1週間……。いいえ、活字さえ組んでしまえば数日で作ることが可能です」

 

ドサッ

 

ドワーフ「こちらの経典は、この活版印刷機で作ったものです」
司祭補「本の大きさや重さは、手書きのものと変わりませんわね」

 

ドワーフ「精霊教会の威厳にふさわしい大きさと重さが必要だと考えました」
女騎士「文字の形が揃っていて読みやすいのだ」

 

黒エルフ「たしかにすごい発明ね……。だけど、問題は儲かるかどうかよ」

 

ドワーフ「この装置は精霊教会の教えを広めるためのものだ。金儲けの道具ではない!」
黒エルフ「つまり、儲かってないのね?」

 

ドワーフ「う、うむ……。わしの経典は1冊1千Gだ。手書きの本の20分の1の値段。飛ぶように売れると思ったのだが……」

 

女騎士「実際には、それほど儲からなかった?」
ドワーフ「うむ、むぅ……。そうなのだ」

 

黒エルフ「たしか先々月、あなたはうちの銀行から150万Gを借りたわよね」
ドワーフ「ああ。その全額を活版印刷機の製作に使った」

 

黒エルフ「ちなみに、この装置は何冊の本を刷れるの?」

 

ドワーフ「正確には分からんが、最低でも5千冊は修理なしで印刷できるだろう。微調整は必要だがな」

 

黒エルフ「150万Gで5千冊が刷れるなら、1冊あたりでは300Gの計算になるわね」

 

ドワーフ「それ以外に、紙やインク、装丁用の金具、人件費などで本1冊に380Gほどかかる。合計680Gの原価だ」

 

女騎士「人件費?」
ドワーフ「わしの生活費だ」

 

司祭補「1冊1千Gで売れば320Gの儲けになりますわ」
女騎士「利益が出るはずの価格設定だ。なぜ儲からなかったのだ?」

 

ドワーフ「そ、それは……」
黒エルフ「簡単よ。数が売れなかったんでしょう」

 

司祭補「あらあら、まあまあ……。先月は何冊売れましたの?」

 

ドワーフ「……10冊、です」
女騎士「たったの10冊!?」

 

黒エルフ「先月の売上は1千G×10冊だから、1万Gね」
司祭補「紙やインクや人件費には、380G×10冊で3千800Gかかったはずですわ」

 

ドワーフ「はい。1万Gから3千800Gを差し引いて、今わしの手元には6千200G残っています。帝都の銀行は、この50%を払えと言っているのです」

 

司祭補「6千200Gの50%なら、3千100Gですわねぇ……」

 

黒エルフ「手元に残る金額も3千100Gね。本を10冊作るには3千800Gが必要だけど、それにも足りないわ」

 

ドワーフ「帝都銀行にカネを払ったら、商売を小さくするしかない。払わなければ融資は打ち切りで、担保を奪われる……」

 

黒エルフ「戦争の準備で、最近では金属の値段が上がっているわ。印刷機に使われた真鍮や鉛を売れば、いい値段になるはず。帝都銀行の狙いはそれでしょう」

 

ドワーフ「くそっ! 発明の価値が分からん俗物どもめ……!」

 

女騎士「しかしみんな暗算速いな」
黒エルフ「あんたが遅いのよ」

 

女騎士「どうだ、また私たちの銀行から融資を受けないか? 帝都銀行のように無茶な条件は出さないぞ」

 

ドワーフ「ふんっ、余計なお世話だ。そうやって、わしをまた騙すつもりだろう?」
司祭補「この方たちは信用できますわ」

 

ドワーフ「司祭補さまのお言葉を疑うつもりはありません。わしはもう、銀行を信じられんのです」

 

黒エルフ「あんたねえ、人がせっかく親切に言っているのに──」
ドワーフ「帝都銀行の連中だって、親切そうな顔で近づいてきたわい」

 

黒エルフ「もうっ、これだからドワーフは! 呆れるほど石頭!」

 

女騎士「まあ落ち着け。……では、帳簿だけでも見せてもらえんか? 間違いがないか確認させて欲しい」

 

ドワーフ「帳簿だと? だ、だが──」
司祭補「この方たちを信じてくださいまし♪」

 

ドワーフ「ううむ……。司祭補さまがそうおっしゃるなら……」
女騎士「任せて欲しいのだ!」

 

ドワーフ「ただし、見るだけだ! おたくらが何をしようと、カネを払うのも、受け取るのも、わしはごめんだからな」

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

 

 

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧