マンション投資の資金を増やす団体信用生命保険の活用法

前回は、定年後に「賃貸収入で年収500万円」を実現する方法を取り上げました。今回は、マンション投資の資金を増やす団体信用生命保険の活用法を見ていきます。

ローンに付帯する「団信」が生命保険の代わりに

マンション経営を始めたいけれども、今は家計に余裕がないからできないという人も多いのではないでしょうか。そういう人には、マンション経営のメリットの1つである団体信用生命保険を活用し、保険料の支払いをスリム化することをお勧めします。マンション経営を始めるとローンに付帯している団体信用生命保険が生命保険の代わりになり、保険料の支払いの見直しをすることで、毎月の支払いを減らすことが可能です。

 

団体信用生命保険は、団信と呼ばれており、ローンを組んだ人が死亡または所定の高度障害になった場合、ローンの残債が保険会社から保険金として支払われるという仕組みです。詳しくは、図表をご覧ください。

 

[図表]

万が一の時にはローンの支払いが無くなる

団信は、収入保障型の生命保険とよく似ています。収入保障型の生命保険は、万が一の場合に、残された家族に毎月決まった金額を一定期間支払うという保険になります。毎月20万円の契約をしている人であれば、決められた期間の間、毎月20万円もらえるということです。

 

一方で団信の場合、万が一の時にはローンの支払いが無くなり、毎月の家賃収入が入ってくることになります。マンション経営だと、家賃収入がローン等の支払いより多い場合には、毎月の差額が収入です。つまり、収入をもらいながら生命保険に入っている状態になります。

 

万が一の際、毎月20万円の生活費が必要な家庭は、手取り家賃収入の合計が20万円以上になるように物件を購入していれば安心です。実際にご主人が亡くなり、ローンなしの物件を相続している人もいます。一家の大黒柱を失っても安定した収入が入るため、経済的に問題なく暮らしている人が多いのも事実です。

 

生命保険は、収入がもらえる期間が定められていますが、マンション経営の団信は、早期にご主人が亡くなった場合、もらえる年金は少なくなるのですが、先々まで家賃収入が入るので年金が少なくなった時も安心して暮らすことができるでしょう。

 

このメリットを受けて、マンション経営を始めてから生命保険を見直すという人も非常に多く、保険料の支払いが少なくなったことにより、毎月の貯金額が増えた人も多数います。仮に、物件価格2000万円の中古ワンルームマンションを購入し、毎月の保険料の支払いが1万円削減された場合、減った分の保険料を収益換算すると利回りが0.6%上がる計算です。このようにマンション経営単体で考えることも重要ですが、マンション経営を始めることで家計ベースの収支が良くなることもありますので、覚えておいてください。

株式会社和不動産  代表取締役

法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年より現職。
電話営業等のプッシュ型営業を一切行わない営業手法と、きめ細かなアフターフォローで、多くの顧客から支持を集めている。
『人が集まる会社』をコンセプトに掲げ、顧客・取引先・従業員の満足を高めるために、常に従来の不動産業界とは一線を画した新しい経営に挑戦。
その取り組みは、テレビ、新聞、雑誌など多くのメディアに取り上げられ、高い評価を得る。
座右の銘は「和を以て貴しとなす」、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。
著書は『不動産投資“購入後"の教科書』『不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法~投資初心者のための「マンション経営」~』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

株式会社和不動産ホームページ

著者紹介

連載老後破産を回避するための「マンション投資術」

老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

仲宗根 和徳

幻冬舎メディアコンサルティング

203X年、国民年金制度は破綻する! ? もはや他人事ではない「老後破産」「下流老人」「収入格差」を防ぐ、たった一つの方法。 先行き不透明な社会保障制度に対する不安から、巷では資産形成の方法として金融商品への投資が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧