著者紹介

岡部 芳彦

ウクライナ研究会

会長

1973年兵庫県生まれ。神⼾学院⼤学経済学部教授。博⼠(歴史学)、博⼠(経済学)。
ウクライナ研究会(国際ウクライナ学会⽇本⽀部)会⻑。
ウクライナの政治・経済・文化や日宇交流史に詳しく、ウクライナ研究の第一人者として知られる。
ウクライナ内閣名誉章、最高会議章を受章し、ウクライナ国立農業科学アカデミー初の外国人会員にも選出された。
著書『⽇本・ウクライナ交流史 1915−1937年』(神⼾学院⼤学出版会)はリヴィウ工科大学出版よりウクライナ語でも刊行されている。

書籍

魂の叫び ゼレンスキー大統領100の言葉

『魂の叫び ゼレンスキー大統領100の言葉』

岡部 芳彦 監修

全世界が注目しているウクライナ大統領の言葉を一冊にまとめました。終わりの見えないロシア侵攻開始から、世界を動かし、人の心に訴えかける「勝利を信じることの大切さ」「つながりの大切さ」「侵略者との妥協を断固拒否する姿勢」など歯切れよく心に残るメッセージを世界に発信し続けています。世界の報道写真や美しいウクライナの大地の写真とともに紹介します。

書籍紹介

掲載記事

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ