著者紹介

平賀 匡

ジャーナリスト

1977年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業後、民間企業勤務を経て、上智大学大学院史学専攻博士後期課程満期退学。研究領域は、満洲事変から太平洋戦争に至るまでの日中政治外交史で、同時期の鉄道史を中心に、戦争の裏側を探る。雑誌や書籍等に提供してきた鉄道写真はおよそ2,000枚に及ぶ。4歳の頃からヴァイオリンを始め、広瀬悦子先生に師事。音楽理論に精通し、クラシック音楽評論家としての一面も。特にモーツァルトに造詣が深い。

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧