著者紹介

佐藤 治彦

経済評論家
ジャーナリスト

1961年、東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、東京大学社会情報研究所教育部修了。
JPモルガン、チェースマンハッタン銀行で銀行員としてデリヴァティブを担当。
その後、短期の国連ボランティア、企業コンサルタント、放送作家を経て、テレビ、ラジオ、雑誌などで経済やマネーについての経済評論家、コメンテーターなどを務めている。
近著に『年収300万~700万円普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話』『年収300万~700万円普通の人がケチらず貯まるお金の話』(ともに扶桑社)、『なぜかお金がなかなか貯まらない若いサラリーマンが知っておきたいお金の教科書』(大和書房)、『お金が増える不思議なお金の話』(方丈社)、『しあわせとお金の距離について』(晶文社)などがある。

書籍

急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術

『急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術』

佐藤 治彦

リストラ、大病、災害、パンデミック……危機は必ず、またやってくる! 【佐藤式の貯蓄術】とは…… 1.必要なお金、楽しいことに使うお金を削るのではなく、無駄な支出を見直すこと 2.お金だけを貯めるだけではなく、年金、公的支援などの知識を貯めること 3.状況に応じて、うまく生活を変化させていく対応力のある生活スタイルを 4.良好な人間関係を蓄えておくことも、貯めておきたいこと 5.困っている人に優しい制度を国が整備してくれるように政治の動きに興味を持つ ムダをなくして、老後のために今を犠牲にせずに、軽やかに生きる。 「貯蓄は安心と自由のために」をモットーに、危機に耐えうる生活術と考え方を伝授します。

書籍紹介

掲載記事

[連載]災害、パンデミック、危機に備え…「1年間収入が途絶えても」困らない貯蓄術

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧