[連載]家族法・不動産取引にくわしい弁護士が解説する「相続トラブル」の予防策

円満だと思っていた家族・親族であっても、相続時には想定外のトラブルが発生することもあります。準備された遺言書がかえって火種や疑念の原因になるケースもあり、油断はできません。ここでは、相続問題を多く手がける弁護士の北村亮典氏が、実際の裁判事例を取上げながら、その問題点と対策について解説します。

本連載の著者紹介

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧