▲トップへ戻る
ノベル版『女騎士、経理になる。』~第2章その③

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第2章「ガバメント・オブリゲーション」その③です。

▼港町、厩舎

 

女騎士「こいつが町でいちばんの駿馬か。よしよし、いい子だ」
馬「ブルルッ」スリスリ……

 

飼育員「おおっ! 気むずかしいこの馬がすぐに懐くとは珍しい」
女騎士「この子には少し無理をさせてしまうかもしれないが……」

 

飼育員「銀行家さんの頼みなら喜んでお貸ししますよ」
黒エルフ「馬では長距離は走れないって、あんたが言ったのよ?」

 

女騎士「普通の馬と騎手ならば、な。……しかし手綱を取るのは私だ。途中の村で馬を乗り換えれば、一晩で帝都まで行けるだろう」

 

黒エルフ「はあ? 旅先でそんな簡単に馬を借りられるはずが──」
女騎士「なに、ものは試しだ」

 

ヒョイッ

 

黒エルフ「ヒョイ……って、どうしてあたしを馬の背中に!?」
女騎士「一緒に行くからに決まっているだろう」

 

黒エルフ「た、高い……ケモノ臭い……。降ろしてよぉ!」
女騎士「どうした、馬は苦手か? こんなに可愛い動物なのに」

 

黒エルフ「べ、別に苦手じゃないわよ。ただ慣れてないだけで……!」
女騎士「では、この機会に慣れるといい。馬は愛すべき人類の友だぞ」

 

黒エルフ「あたしは人類じゃなくてダークエルフよ! ていうか、銀行家さんを連れていきなさいよ! 銀行の経営者なんだから!」

 

銀行家「じつは私塾設立に向けた会合がありまして……」
黒エルフ「私塾? いったい何の話!?」

 

女騎士「それに体重の軽いお前のほうが、馬が速く走れる」
銀行家「というわけで、よろしくお願いします」

 

黒エルフ「」

 

女騎士「よっせ……と」ヒョイ

黒エルフ「う……。あんたの胸が背中に当たるんだけど?」

 

女騎士「少しは座り心地がよくなればいいが……」

黒エルフ「あんたのプレートメイルのせいで、硬いし冷たいし最悪だわ」

 

女騎士「あはは。文句を言うな、この先もっと悪くなる。手袋はしたか? 手の皮が剥けるぞ」

 

黒エルフ「えっ、手の皮が? そんなに激しく揺れ──ひゃあ!?」

 

女騎士 ハイヨー!
馬 ヒヒーン!!

 

銀行家・幼メイド「「行ってらっしゃいませ〜」」

 

パカラッ パカラッ

 

黒エルフ「……ま、待ちなさいよ!」
女騎士「なんだ?」

 

黒エルフ「ぜ、全力疾走は数分間しかもたないんでしょう!?」
女騎士「うむ」

 

黒エルフ「だったら──」

 

女騎士「心配ない。私は騎乗スキルLv5だ」
黒エルフ「騎乗スキルLv5」

 

女騎士「どんな乗用動物にも乗れる。さらに常在型の回復魔法で動物の疲労を軽減できる」

黒エルフ「あんた魔法が使えたの!?」

 

女騎士「いいや、普通の魔法はさっぱりだ」ドヤァ

黒エルフ「ドヤることじゃないわ!」

 

馬 ヒヒーン!!

 

黒エルフ「ひぃ〜! と、飛ばしすぎよ!」
女騎士「あまり喋ると舌を噛むぞ」

 

黒エルフ「なら、せめてもう少しゆっくり……」

 

女騎士「なんとしても帝都に行くのだろう?」

黒エルフ「ぐぬぬ」

 

パカラッ パカラッ

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

 

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧