40代独身・一人っ子男性「両親が貯蓄をしてこなかったのは、今さら仕方がないことですが…」老人ホームを検討し、愕然としたワケ

40代独身・一人っ子男性「両親が貯蓄をしてこなかったのは、今さら仕方がないことですが…」老人ホームを検討し、愕然としたワケ
(※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められているでしょうか? 厚生労働省『令和4年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』などとともにみていきます。

親の老後が心配…「一人っ子男性の悩み」

東京都内に住む、40代独身・一人っ子男性のAさんは、近年ますます両親の老後に対する不安を抱えているといいます。彼の両親は共に70代後半で、健康状態は悪くないものの、年齢的な衰えは否めません。特に問題なのは、両親の貯蓄がほとんどないことです。Aさんは、自身の生活と両親の介護に対する負担を天秤にかけながら、日々悩んでいます。

 

「両親が貯蓄をしてこなかったのは、今さら責めても仕方がないことですが、現実問題として、これからどうしていくかが大きな課題です。自分一人でどうにかしなければならないというプレッシャーが、常に頭を離れません」とAさんは語ります。

 

両親は、年金だけで生活しています。厚生労働省の『令和4年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』によれば、厚生年金保険(第1号)の受給者は3,598万人で、その平均年金月額は14万4,982円です。

 

Aさんの両親もこの程度の金額を受給しており、二人合わせて約30万円の収入があります。しかし、毎月の生活費はぎりぎりで、医療費や突発的な支出があるたびにAさんが助けなければなりません。

 

「毎月の生活費は、両親が住んでいる古い一軒家の維持費や、日々の食費、光熱費などでほとんど消えてしまいます。医療費やその他の出費がかさむと、その都度自分が援助しなければならず、自分の貯金も心細くなってきています」とAさんは打ち明けます。

 

Aさんは、両親の安全と快適な生活を考え、老人ホームへの入居を検討しました。しかし、その費用の高さに頭を抱えざるを得ませんでした。老人ホームには、入居一時金として数百万円から1,000万円以上を必要とするところもあり、さらに月々の利用料も10万から20万円以上かかる場合があります。

 

「老人ホームに入ってもらえば安心できると思ったのですが、費用を聞いて愕然としました。貯蓄のない両親にそのような費用を賄うことは不可能ですし、自分一人の収入でそれをカバーするのも難しいです」とAさんは悩みます。

次ページAさんは語る「自分の老後を考えると、不安があります…」

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧