(※写真はイメージです/PIXTA)

夫の一郎さんを失った田中芳子さん(仮名/80歳)は、年金減額も受け、窮地に立たされました。生活費のやりくりに苦しむ中、日本年金機構から「緑色の封筒」が届きます。高齢者の生活と、切っても切り離せない、公的支援についてみていきましょう。

数週間後、芳子さんが受け取った通知

申請から数週間後、芳子さんは遺族年金の受給が認められたとの通知を受け取りました。月々の年金額は一気に増加し、以前の生活に戻るわけではありませんが、少なくとも日々の生活に必要な費用を賄うことができるようになりました。

 

遺族厚生年金の年金額は、死亡した方の老齢厚生年金の報酬比例部分の4分の3の額となります(日本年金機構)。

 

新しい年金額は、芳子さんの心に大きな安堵をもたらしたといいます。医療費や生活費の心配も減り、少しずつ生活を立て直すことができるようになりました。

 

公的支援や年金制度についての知識を持っているかどうかが、生活の質を大きく左右することがあります。特に、高齢者が一人で生活していく上で、遺族年金やその他の公的支援を活用することは極めて重要です。

 

日本の年金制度や社会保障制度は、困難な状況に置かれた人々を支えるために設計されています。しかし、その存在を知らずに活用できない人も多くいます。

 

芳子さんは、夫の死によって一度は生活の困窮に直面しましたが、年金機構からやってきた緑色の封筒によって救われました。公的支援の存在を知り、それを適切に利用することで、高齢者の生活は大きく改善される可能性があります。年金制度や社会保障制度の周知と活用を促進することが、より多くの人々の生活を支える鍵となるでしょう。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧