60歳以後も働くことで得られる「トリプルインカム」とは?

今回は、60歳以後も働くことで得られる「トリプルインカム」について説明します。※本連載は、シニア世帯の家計健全化に貢献してきた梅本正樹氏による書籍、『シニアのなっとく家計学』(水曜社)の中から一部を抜粋し、ゆとりあるシニアライフを送るための「家計のコントロール方法」を紹介します。

給与の減額は必要以上に悲観しなくてもよい

このように、あなたが継続雇用制度によって60歳以後も働き続けることになった場合、給与は60歳以前よりも減少する覚悟が必要です。

 

ただ60歳以後も働く場合には、勤め先からの給与だけではなく、一般的には次の3種類(トリプル)の収入(インカム)を受け取ることができます。

 

①給与・・・勤務先から受け取る、給料、賃金、賞与など

②年金・・・日本年金機構より支給される、特別支給の老齢厚生年金

③給付金・・・ハローワークより支給される、高年齢雇用継続給付

 

これらトリプルインカムの差引手取額合計は、不思議なことに定年前の差引給与手取額と大差ないケースが多いのです。つまり結果オーライということになり、あなたの勤める企業が継続雇用制度を採用している場合でも、それほど給与の減額を悲観しなくてもよいということになるのです。

徐々に引き上げられる年金の支給開始年齢に注意

このように、3種類もの異なる種類の収入を得られると聞くと、「なんだか難しいことはよくわからないけど、ラッキー!」という気持ちになるのではないでしょうか。こんな時ばかりは日本人であることの、ありがたさを実感してしまいますね。

 

ただし②の年金、具体的には「特別支給の老齢厚生年金」は、原則として以下の表のように支給開始年齢が60歳から65歳へと、生年月日や性別に応じて徐々に引き上げられています。

 

[図表]老齢厚生年金の支給開始年齢

 

たとえば支給開始年齢が62歳の方の場合は、60歳から62歳になるまでの期間は、②の年金を受給できない「年金空白期間」となります。したがって、トリプルインカムを得られるいわば「特権階級」の人々は、残念ながら将来的にはいずれ消滅する運命にあるのです。 

税理士
ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
中小企業診断士 

1960年生まれ。石川県金沢市出身。大阪府立大学経済学部経営学科卒業。複数資格によるシナジー効果を生かし、延べ1,000を超える案件でシニア世帯の家計健全化に貢献。他の保有資格は宅地建物取引士(有資格者)。
著書に『シニアのなっとく家計学』(水曜社)、『「起業」「法人化」を考えた時に読む本』(彩図社)。

著者紹介

連載ゆとりあるシニアライフを送るための「家計学」

 

シニアのなっとく家計学

シニアのなっとく家計学

梅本 正樹

水曜社

老後はどれくらいのお金が必要なの? 貯蓄額は充分? 急な病気になったら・・・。それは“シニア剰余金"の数字でわかります! 延べ1000を超える案件で、シニア世帯の家計健全化に貢献してきた著者が、会計知識がない人にも…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧